信用取引 気になるポイント

信用取引に関する”気になるポイント”を分かりやすく解説しています。これからはじめようとされる方も既にはじめられている方もぜひお読みください。

信用取引の空売り価格規制とは

「空売り価格規制」とは、株価の意図的な売り崩し行為を防止するために定められた法律で51単元以上の新規空売り注文を出す際の価格規制のことです。どのような局面で空売り価格規制に注意が必要か、また空売り価格規制の仕組みや規制の対象となる条件などについて、分かりやすく解説します。

信用取引の逆日歩とは

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは、信用取引の売り方が負担する事前に想定できないコストです。信用売り残高が信用買い残高を上回り、株式の貸し方である証券金融会社が、貸し出せる株の不足を補うために、機関投資家などから株を借りる際に調達費用として発生します。逆日歩について詳しく説明します。

信用取引が「危険」と言われる理由

信用取引はよく危険だと言われます。その理由は現物取引にはない自己資金以上の損失が発生することやコストが発生するからです。
しかしながら、適切な建玉管理を行えば、必要以上に恐れることはありません。その対処方法についてご説明致します。

信用取引のコスト「金利」と「貸株料」「売買手数料」とは?

信用取引を行う際は、現物取引とは異なるコスト(費用)が発生します。主に「金利」「貸株料」「逆日歩(品貸料)」などになります。信用取引は現物取引より売買手数料が割安になることが魅力ですが、売買手数料以外に発生するコスト(費用)を把握することが重要となります。これからコストについて図解で分かりやすく解説します。

口座をお持ちでない方は、いますぐ口座開設!

いますぐ日興イージートレード信用取引の口座開設を申し込む!

※ログイン後、口座情報 - 信用取引利用申込 - 画面へ移動します。

重要事項(投資する場合のリスク・留意すべき事項)

契約締結前交付書面にはお客様が投資判断されるために必要な「契約概要」「手数料等」「主なリスク」等が記載されています。お取引の前に契約締結前交付書面をお読みください。

日興イージートレード信用取引の契約締結前交付書面(インターネット取引)

このページの関連情報