信用取引 気になるポイント

信用取引に関する”気になるポイント”を分かりやすく解説しています。これから始めようとされる方も既に始められている方もぜひお読みください。

空売り残高とは? 信用残高情報の見方と取引のタイミング

「空売り残高」とは、信用取引で空売りされたまま、買い戻されていない売り建ての累計(残高)のことです。売り残と略されることもありますが、信用買い残高(買い残)と合わせて「信用残高(信用残)」と呼ばれています。信用残高情報から売り需要と買い需要を読み取り、取引のタイミングを探ることが可能です。信用残高情報の見方について分かりやすく解説します。

空売り銘柄の選び方とその注意点

信用取引の空売りは、上昇相場においてしばしば発生する短期的な過熱感が出る局面や、買い一辺倒の投資スタイルでは対応することが難しい下落相場でも、利益を出すことが可能です。空売りに向いた地合(株式市場の状態、ムード)の見極め方、空売りする銘柄の選び方とその注意点について解説します。

スイングトレード向きの銘柄の探し方

スイングトレードの成否の鍵を握るのは、銘柄選びにあるといっても過言ではありません。スイングトレード向きの銘柄の探し方・選び方、スクリーニングツールを使った条件設定や抽出法から選定の考え方・コツまでわかりやすく説明します。

逆日歩の「満額」とは?

逆日歩(ぎゃくひぶ)の満額とは、証券金融会社において発生していた株不足が、貸株の返済などによって解消した状態のことです。満額になると、信用取引の売り方(空売りしている人)が負担すべき逆日歩は生じません。

逆日歩の計算方法

逆日歩の計算は、1日あたりの逆日歩に株数をかけた金額を、日数分加えたものです。一見シンプルに見えますが、日数の計算方法が土日をはさむ場合とはさまない場合で異なり、初めて計算する人には難しく感じやすいです。逆日歩の計算方法について、わかりやすく説明します。

信用取引における空売りとは?

「空売り」は、信用取引における取引の1つで、株価が下落する局面においても、利益を得ることができます。空売りがどのような流れで行われ、利益を得ることができるのか。リスクにも目を向けて、空売りの仕組みを分かりやすく解説します。

信用取引のスイングトレードとは

スイングトレードとは、2、3日から数週間の短期間で売買を完結させるトレード手法です。現物取引でも可能ですが、資金効率、取引コストを考慮すれば、レバレッジを効かせられる信用取引に適した取引手法といえます。スイングトレードの基礎知識と、初心者向けの売買手法とコツについて説明します。

信用取引の「追証」とは?

「追証(おいしょう)」とは「追加保証金」の略称で、委託保証金を追加で差し入れなければならない状態のことです。買い建てまたは売り建てた銘柄の含み損、担保にしている株の値下がり等によって委託保証金率が下がることにより発生します。

信用取引の「委託保証金率」「委託保証金維持率」とは?

信用取引を行う際に、信用を供与してくれる証券会社に担保として差し入れる現金や株式などを「委託保証金」と言います。「委託保証金」の額は、法令で信用取引の約定代金の30%以上と定められています。「委託保証金率」の計算方法や最低保証金率、「委託保証金」の評価が一定水準を下回り、追加保証金を差し入れなければならないケースについて説明します。

信用取引の口座開設における審査とは?

信用取引の口座を開設するためには、どのような審査があるのでしょうか?審査の内容についてわかりやすく解説します。信用取引の仕組みや特徴、リスクをよく理解し、始めるようにしましょう。

信用取引での配当や株主優待

現物取引とは異なり、信用取引は資金を借りて行う取引のため「株主」にはなれません。信用取引の場合、株式投資のメリットである配当や株主優待の権利はあるのか?買い建て・売り建ての場合は?など、信用取引と配当・株主優待について分かりやすくまとめました。

逆日歩が発生している銘柄の調べ方

信用取引を始めたものの、「逆日歩」が心配でなかなか売り建て(空売り)に挑戦できない方は少なくないと思います。しかし売り建てを活用できるようになると、取引の幅は格段に広がります。そこでおすすめしたいのが、逆日歩の様子を「じっくり観察」することです。逆日歩銘柄を調べることは難しくありません。

信用取引の「建玉」とは?

信用取引の「建玉(たてぎょく)」とは、約定後に反対売買や現引き・現渡しされず残っている未決済契約の総数のことです。
証券会社から信用を供与されて、お金を借りて買い建てたり、株を借りて売り建てたりする取引が「信用取引」になります。そのため、買いで借りたお金や売りで借りた株は、期限内に返済しなければなりません。返済されるまでの間、お金を借りて買い建てた株を「買い建玉(かいたてぎょく)」、株を借りて売り建てている株を「売り建玉(うりたてぎょく)」といいます。

信用取引の空売り価格規制とは

「空売り価格規制」とは、株価の意図的な売り崩し行為を防止するために定められた法律で51単元以上の新規空売り注文を出す際の価格規制のことです。どのような局面で空売り価格規制に注意が必要か、また空売り価格規制の仕組みや規制の対象となる条件などについて、分かりやすく解説します。

信用取引の逆日歩とは

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは、信用取引の売り方が負担する事前に想定できないコストです。信用売り残高が信用買い残高を上回り、株式の貸し方である証券金融会社が、貸し出せる株の不足を補うために、機関投資家などから株を借りる際に調達費用として発生します。逆日歩について詳しく説明します。

信用取引が「危険」と言われる理由

信用取引はよく危険だと言われます。その理由は現物取引にはない自己資金以上の損失が発生することやコストが発生するからです。
しかしながら、適切な建玉管理を行えば、必要以上に恐れることはありません。その対処方法についてご説明致します。

信用取引のコスト「金利」と「貸株料」「売買手数料」とは?

信用取引を行う際は、現物取引とは異なるコスト(費用)が発生します。主に「金利」「貸株料」「逆日歩(品貸料)」などになります。信用取引は現物取引より売買手数料が割安になることが魅力ですが、売買手数料以外に発生するコスト(費用)を把握することが重要となります。これからコストについて図解で分かりやすく解説します。

口座をお持ちでない方は、いますぐ口座開設!

いますぐ日興イージートレード信用取引の口座開設を申し込む!

※ログイン後、口座情報 - 信用取引利用申込 - 画面へ移動します。

重要事項(投資する場合のリスク・留意すべき事項)

契約締結前交付書面にはお客様が投資判断されるために必要な「契約概要」「手数料等」「主なリスク」等が記載されています。お取引の前に契約締結前交付書面をお読みください。

日興イージートレード信用取引の契約締結前交付書面(インターネット取引)

このページの関連情報