初めてでもわかりやすい用語集

閉じる

株式に関する用語一覧

RSI (アールエスアイ)

RSIとは、テクニカルチャートのひとつで、「Relative Strength …

相対取引 (あいたいとりひき)

証券取引所などの市場を通さずに、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを…

IPO/新規公開株式 (アイピーオー/しんきこうかいかぶしき)

IPOは、Initial Public Offering(イニシャル パブリック…

預け替え(移管) (あずけかえ(いかん))

預け替え(移管)とは、証券会社が投資家の指示により保管していた株式などを投資家に…

安定株主 (あんていかぶぬし)

安定株主とは、長期的に安定して株式を保有する株主のことです。主に企業の経営者や関…

安定操作取引 (あんていそうさとりひき)

株式等の募集や売出しを容易にするために、主幹事証券会社等が当該銘柄について一定期…

安定配当 (あんていはいとう)

企業は利益の中から株主への還元策として定期的に配当を出しますが、その配当が安定し…

EPS/1株当たり純利益 (イーピーエス/ひとかぶあたりじゅんりえき)

EPSとはEarnings Per Shareの略で、1株当たりの利益のことです…

板 (いた)

売り方と買い方の指値を気配値といいますが、この気配値の売買注文状況を並べたものを…

委託手数料 (いたくてすうりょう)

株式を取引するには証券会社に口座を開き、売買を委託して取引所に注文を取り次いでも…

委託保証金 (いたくほしょうきん)

投資家が株式の信用取引や発行日決済取引を行う際に証券会社に差し入れる担保のこと。…

板寄せ (いたよせ)

板寄せとは証券取引所の売買成立方法で、「板寄せ方式」ともいいます。相場が始まると…

一目均衡表 (いちもくきんこうひょう)

一目均衡表とは、日本で生まれたテクニカルチャートのひとつで、一目山人(いちもくさ…

一般信用 (いっぱんしんよう)

信用取引には制度信用と一般信用の2種類があり、一般信用取引とは返済期限や逆日歩(…

移動平均線 (いどうへいきんせん)

移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したもので…

陰線 (いんせん)

株価の動きをローソク足にしたとき、始値に比べて終値が安かった場合に一般的に黒で表…

受渡 (うけわたし)

受渡とは有価証券の売買が成立(約定)した際、代金のやり取りをする(売買代金を決済…

内出来 (うちでき)

発注した注文のうち、一部だけが約定することをいいます。たとえば、10,000株の…

売上総利益 (うりあげそうりえき)

売上総利益とは、売り上げから商品の原価を引いた利益のことで、粗利(あらり)、粗利…

売り気配 (うりけはい)

市場の動きが、売り物ばかりでそれに見合う買い注文がなく、値がつかない状態のこと。…

売り残 (うりざん)

信用取引において、信用売り(「空売り、カラ売り」とも呼ばれます)をされて、まだ決…

売出し (うりだし)

既に発行された有価証券の売り付けの申し込み、またはその買い付けの申し込みの勧誘を…

売出価格 (うりだしかかく)

株式等の売出しに際して、投資者が株式等を購入する際の1株当たりの金額のことをいい…

上値 (うわね)

株式市場などのマーケットにおいて、現在の株価よりもさらに高い株価のことを指します…

上放れ (うわばなれ)

株価が一気に大きく上昇することをいいます。「うわばなれ・うわっぱなれ・うえばなれ…

ADR/米国預託証書 (エーディーアール/べいこくよたくしょうしょ)

ADRとはAmerican Depositary Receiptの略で、米国預託…

益出し (えきだし)

益出しとは、購入した価格(簿価)より時価が値上がりしている時点で売却し、利益を確…

S&P500種指数 (エスアンドピーごひゃくしゅしすう)

米国株式市場の動向を示す株価指数のひとつ。格付機関として有名なスタンダード・アン…

SQ/特別清算指数 (エスキュー/とくべつせいさんしすう)

SQ(特別清算指数)とはSpecial Quotationの略で、日経225先物…

ST指数 (エスティーしすう)

シンガポール株式市場の代表的な指標で、ストレーツ・タイムズ指数(Straits …

NT倍率 (エヌティーばいりつ)

NT倍率のNは日経平均株価、TはTOPIX(東証株価指数)の意味で、日経平均株価…

FTSE100指数 (エフティーエスイーひゃくしすう)

ロンドン証券取引所(LSE)における株価指数で、英国の代表的な株価指数です。欧州…

MSCI世界株価指数 (エムエスシーアイせかいかぶかしすう)

MSCIワールド・インデックスとも呼ばれます。これは、MSCI(モルガン・スタン…

MBO (エムビーオー)

MBOとはManagement Buy-Outの略で、経営陣(あるいは従業員)が…

円キャリー取引 (えんキャリーとりひき)

低金利通貨である円で借り入れをして高金利国の金融資産などで運用し、運用益に加えて…

追証 (おいしょう)

追加保証金のことを指します。信用取引や株価指数先物取引など、保証金を担保として行…

黄金株 (おうごんかぶ)

黄金株とは、株主総会で会社の合併などの重要議案を否決できる特別な株式のことで、拒…

大型株 (おおがたかぶ)

東京証券取引所では、TOPIX(東証株価指数)を補完する「規模別株価指数」の算出…

大株主 (おおかぶぬし)

大株主とは、企業の株式の大多数を保有している株主のことで、発行済み株式に対する保…

オーバーアロットメント (オーバーアロットメント)

株式等の募集や売出しに際して、これとは別に、需要状況に応じて主幹事証券会社が売出…

押し目買い (おしめがい)

株価が上昇している局面で、一時的に株価が下落したタイミングを見計らって買いを入れ…

踊り場 (おどりば)

踊り場とは上昇してきた株価が一服して足踏みしたような状態になることで、「調整」な…

終値 (おわりね)

終値とは、その期間で最後についた価格のことをいいます。終値に対し、期間の最初につ…

買い入れ消却 (かいいれしょうきゃく)

債券の減債方法の一種で、債券の発行体(発行者)が償還前に市場を通じて債券購入者か…

買い気配 (かいけはい)

市場の動きが、買い注文ばかりでそれに見合う売り注文がなく、値がつかない状態のこと…

外国株式の海外委託取引 (がいこくかぶしきのかいがいいたくとりひき)

外国証券取引のうち、投資家からの外国株式の委託注文を、証券会社が海外の市場に取り…

外国株式の国内委託取引 (がいこくかぶしきのこくないいたくとりひき)

外国証券取引のうち、国内の証券取引所に上場されている外国株式を売買する取引です。…

外国株式の国内店頭取引 (がいこくかぶしきのこくないてんとうとりひき)

外国証券取引のうち、投資家と証券会社が取引所を通さずに直接売買する取引です。具体…

外国証券取引口座 (がいこくしょうけんとりひきこうざ)

投資家が外国証券取引を行う際に証券会社に設定する口座で、外国株式をはじめ、外国債…

買い残 (かいざん)

信用取引において、信用買い(「空買い、カラ買い」とも呼ばれます)をされて、まだ決…

乖離率 (かいりりつ)

一般的に株式投資の場合、売られすぎた銘柄は買われ、買われすぎた銘柄は売られる傾向…

価格優先の原則 (かかくゆうせんのげんそく)

証券取引所において、売買注文を成立させるときの優先順位のひとつです。具体的には、…

貸し株 (かしかぶ)

信用取引で株を売建(カラ売り)したい投資家に証券会社が貸す株式のことです。信用取…

合併比率 (がっぺいひりつ)

合併比率とは、複数の会社が合併する際、合併により消滅する会社の株主に対し、持ち株…

カバレッジ・ユニバース (カバレッジ・ユニバース)

カバレッジ・ユニバース(Coverage Universe)とは、担当アナリスト…

株価指数 (かぶかしすう)

株価指数とは、取引所全体や特定の銘柄群の株価の動きを表すものです。株価指数はある…

株価指標 (かぶかしひょう)

株価指標とは、企業の株価を比較、評価する際に用いるさまざまな尺度のことをいいます…

株式 (かぶしき)

株式とは、株式会社が資金を出資してもらった人に対して発行する証券のことです。株式…

株式移転 (かぶしきいてん)

1つまたは2つ以上の会社が、その発行する全ての株式を新たに設立する親会社に取得さ…

株式移転比率 (かぶしきいてんひりつ)

株式移転比率とは、1社または複数の会社が株式移転によって完全親会社を設立する際、…

株式交換 (かぶしきこうかん)

ある会社が他の会社を完全子会社化しようとするときに、買収しようとする会社(子会社…

株式交換比率 (かぶしきこうかんひりつ)

株式交換比率とは、親会社が株式交換によって子会社を完全子会社化する際、子会社の株…

株式数比例配分方式 (かぶしきすうひれいはいぶんほうしき)

株式数比例配分方式とは、上場株式の配当金やETF、REITの分配金を証券口座で受…

株式分割 (かぶしきぶんかつ)

株式分割とは、既に発行されている株式を、1株を2株、3株などに分割することを指し…

株式ミニ投資/ミニ株 (かぶしきミニとうし/ミニかぶ)

株式ミニ投資(通称:ミニ株)とは、通常の株式取引よりも少ない資金で株式を購入でき…

株式累積投資/るいとう (かぶしきるいせきとうし/るいとう)

株式累積投資とは、毎月定額で株式を購入する投資方法のことで、「るいとう」とも呼ば…

株主権 (かぶぬしけん)

株式を取得することで株主に与えられる権利のことで、剰余金分配請求権や残余財産分配…

株主総会 (かぶぬしそうかい)

株式会社を構成する機関のひとつで、株主全員で構成する会議です。全ての株式会社は株…

株主優待 (かぶぬしゆうたい)

株主優待とは、企業が株主に対して行うプレゼントのことです。株主優待を行っている企…

カラ売り (からうり)

手持ちの株式を売ることを「現物の売り」というのに対して、手元に持っていない株式を…

仮条件 (かりじょうけん)

株式等の募集や売出しにおける、ブックビルディングの際の一定の値幅のことをいいます…

幹事会社 (かんじがいしゃ)

株式の新規上場や売出しに際して、発行する企業と証券会社との間で元引受契約をする内…

監理銘柄 (かんりめいがら)

上場銘柄が上場廃止基準に該当する恐れがある場合に、投資家にその事実を周知するため…

議決権 (ぎけつけん)

議決権とは、株主総会での決議に参加し票を入れることができる権利のことで、一般的に…

逆張り (ぎゃくばり)

投資手法(スタンス)の一種で、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法…

逆日歩 (ぎゃくひぶ)

信用取引の売り方(売り手)が負担するコストで、証券会社が信用取引に必要な株式を借…

キャッシュリッチ企業 (キャッシュリッチきぎょう)

キャッシュリッチ企業とは借入金がなく、現金など手元流動性の高い資産(Cash)を…

業績相場 (ぎょうせきそうば)

好景気や個別企業の業績が良好となり、それが評価され株価が上昇する局面を業績相場と…

グリーンシューオプション (グリーンシューオプション)

株式等の募集や売出しに際して、オーバーアロットメントによる売出しが実施された場合…

グリーンメール (グリーンメール)

グリーンメール(Green Mail)とは、標的にした企業に高値で買い取らせるこ…

グロース投資 (グロースとうし)

投資信託などの運用手法の一種で、企業の成長性が市場平均よりも高いと期待される銘柄…

グローバルオファリング (グローバルオファリング)

株式等の発行者が、日本国内市場に加えて海外市場でも同時期に募集や売出しを実施して…

GLOBEX (グローベックス)

CMEグループが運営する24時間取引可能な電子取引システムのことです。ロイターと…

クロス/クロス商い (クロス/クロスあきない)

大口注文を取引所の取引時間外で成立させる手法で、ひとつの証券会社が、ひとつの銘柄…

経常利益 (けいじょうりえき)

経常利益とは、企業が通常行っている業務の中で得た利益のことです。企業では、その企…

ケイ線/罫線 (けいせん)

株価などの値動きをグラフにしたもので、株価チャートとも呼ばれます。最も代表的なも…

決算短信 (けっさんたんしん)

決算短信とは、企業の決算発表の内容をまとめた書類のことです。投資を行う際の判断の…

気配値 (けはいね)

気配値とは、買い方および売り方が買いたい、売りたいと希望する値段(指値)のことで…

限月 (げんげつ)

限月とは、先物取引やオプション取引において、先物の期限が満了する月のこと。例えば…

減資 (げんし)

減資とは、資本金の額を減少させる手続きのこと。株主が出してくれたお金である資本金…

減配 (げんばい)

多くの企業は利益の中から株主への還元策として定期的に配当を出しますが、業績悪化な…

現引き (げんびき)

信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額…

現物取引 (げんぶつとりひき)

通常、株式や債券などの有価証券の取引は、その時々の市場の時価で計算した売買代金を…

権利落ち日 (けんりおちび)

権利落ち日とは、株主がその銘柄を保有することで株主権利を得ることができる最終売買…

権利確定日 (けんりかくていび)

権利確定日とは、株主がその銘柄を保有することで株主権利を得ることができる確定日を…

権利付最終日 (けんりつきさいしゅうび)

権利付最終日とは、株主がその銘柄を保有することで株主権利を得ることができる最終売…

現渡し (げんわたし)

信用取引の決済方法のひとつで、売り建てた株式を決済するときに、買い戻しにより差額…

公募増資 (こうぼぞうし)

公募増資とは、新しい株式を発行するに当たり、不特定かつ多数の投資家に対して取得の…

ゴールデンクロス (ゴールデンクロス)

長期の移動平均線を、短期の移動平均線が下から上に突き抜けたとき(交差したとき)を…

小型株 (こがたかぶ)

一般的には、時価総額と流動性が低い銘柄を指します。東京証券取引所では、TOPIX…

後場 (ごば)

後場とは、午後の取引のことをいいます。取引所によって時間帯は若干異なり、例えば東…

5%ルール (ごパーセントルール)

株券などの大量保有の状況に関する開示制度のことです。上場企業の発行済み株式数の5…

サイコロジカル・ライン (サイコロジカル・ライン)

「サイコロジカル」とは、「心理的な」という意味です。サイコロジカル・ラインとは、…

裁定買い残 (さいていかいざん)

裁定買い残とは、裁定取引(アービトラージ)において「先物売り、現物買い」のポジシ…

裁定解消売り (さいていかいしょううり)

裁定取引(アービトラージ)において、一度組んだ裁定取引のポジションを、利益を確定…

財務諸表 (ざいむしょひょう)

財務諸表とは、企業の業績や財務状況をまとめた資料のことで、決算書ともいわれます。…

先物取引 (さきものとりひき)

先物取引とは、将来のある日(決済期日)に、現在約束した価格で商品を売買できる取引…

指し値/指値注文 (さしね/さしねちゅうもん)

希望する売買価格(買いの場合は上限価格、売りの場合は下限価格)を指定して発注する…

ザラ場 (ざらば)

ザラ場とは、寄付から引けまでの間の取引時間のことをいいます。寄付や引けでは、売り…

三角持ち合い (さんかくもちあい)

株価は上昇・下降をしながら推移していきますが、上下幅が大きいときもあれば、小さい…

地合い (じあい)

地合いとは、ある銘柄や株式市場全体、相場の状態(値動き)のこと。取引が活発に行わ…

CEO (シーイーオー)

CEOとはChief Executive Officerの略で、取締役会の委託を…

CAC40指数 (シーエーシーよんじゅうしすう)

ユーロネクスト・パリに上場する40銘柄で構成される調整時価総額加重平均指数です。…

CME (シーエムイー)

正式名称はChicago Mercantile Exchangeで、シカゴ・マー…

COO (シーオーオー)

COOとはChief Operating Officerの略で、CEO(最高経営…

CB/新株予約権付社債 (シービー/しんかぶよやくけんつきしゃさい)

新株予約権付社債(転換社債型)とは、一定の条件で発行体の企業の株式に転換できる権…

塩漬け (しおづけ)

塩漬けとは、現在の価格が買い値よりも下がっていて、売ると損が出る状態であるために…

時価総額 (じかそうがく)

各銘柄の時価総額とは、通常、「株価×発行済株式数」で計算されるもので、その企業の…

時間分散 (じかんぶんさん)

時間分散という言葉は、2つの意味で使用されることがあります。ひとつは投資タイミン…

時間優先の原則 (じかんゆうせんのげんそく)

証券取引所において、同一銘柄、同一値段の売り買いそれぞれの注文について、注文が行…

自社株買い (じしゃかぶがい)

自社株買いとは、企業が発行した株式を、その企業が市場の時価で買い戻すことをいいま…

品薄株 (しなうすかぶ)

市場で流通している株数が少ない株式のことを品薄株といいます。発行済株式数が多くて…

品借り料 (しなかりりょう)

信用取引において信用売りをする場合、証券会社が証券金融会社から信用取引に必要な株…

社外監査役 (しゃがいかんさやく)

社外監査役とは、社内から昇格したのではなく、社外から就任した監査役を指します。監…

社外取締役 (しゃがいとりしまりやく)

社外取締役とは、社内から昇格したのではなく、社外から就任した取締役を指します。現…

週足 (しゅうあし)

週足とは、株価の値動きを表す、主にローソク足チャートにおける株価の値動きの描き方…

順張り (じゅんばり)

投資手法(スタンス)の一種で、多くの買いが集まって株価などが上昇しているときに買…

純利益 (じゅんりえき)

純利益とは、企業が稼いだ利益から法人税などの社会的コストを差し引いた、純粋な企業…

証券コード (しょうけんコード)

証券コードとは、証券コード協議会が公開株式や公募債券、その他上場証券について、識…

条件付き注文(寄付・引け・指成り) (じょうけんつきちゅうもん(よりつき・ひけ・さしなり))

指値や成行といった通常の注文以外に、あらかじめ執行条件を指定して行う注文のことで…

上場廃止 (じょうじょうはいし)

上場銘柄が、証券取引所の定める上場廃止基準に該当したり、上場会社が自主的に上場廃…

新株予約権 (しんかぶよやくけん)

新株予約権とは、それを発行した株式会社に対して権利を行使することによって、その株…

新興市場 (しんこうしじょう)

「新興市場」とは、新興企業(ベンチャー企業)が多く上場している東京証券取引所の「…

シンジケートカバー取引 (シンジケートカバーとりひき)

株式等の募集や売出しに際して、オーバーアロットメントによる売出しが実施された場合…

新値足 (しんねあし)

テクニカル分析の一種ですが、多くのテクニカル分析と異なり、時間の概念を排除してい…

信用期日 (しんようきじつ)

信用期日とは、信用取引の決済を行う返済の期限を指します。制度信用では返済期限が6…

信用取引 (しんようとりひき)

信用取引とは、一定の保証金(委託保証金)を証券会社に担保として預け、保証金の数倍…

信用評価損益率 (しんようひょうかそんえきりつ)

「信用評価損益率」とは、信用取引で株を買っている人が買値と比べて今どのくらいの損…

信用銘柄/制度信用銘柄 (しんようめいがら/せいどしんようめいがら)

制度信用取引で取引できる銘柄のこと。制度信用銘柄ともいいます。通常、信用取引は、…

ストキャスティクス (ストキャスティクス)

オシレーター系と呼ばれるチャート分析の一種で、株価のある一定期間の変動幅と終値の…

ストックオプション (ストックオプション)

ストックオプション(Stock Option)とは、会社が取締役や従業員等に対し…

ストップ高・ストップ安 (ストップだか・ストップやす)

ストップ高とは、前日の終値に対して値幅制限いっぱいまで株価が上がることをいいます…

ストライク・プライス (ストライク・プライス)

株式等の募集や売出しに際して実施されるブックビルディングにおいて、投資者が需要を…

ストラテジスト (ストラテジスト)

ストラテジスト(Strategist)とは経済動向などを分析し、投資に関するスト…

成長株 (せいちょうかぶ)

成長株とは、業績が良く、株価が高く評価されていて、さらに成長が見込める株式のこと…

制度信用 (せいどしんよう)

信用取引には制度信用と一般信用の2種類があり、制度信用とは返済期限が最長6カ月で…

整理銘柄 (せいりめいがら)

証券取引所が定めている上場廃止基準に該当し、上場廃止が決定された銘柄のことです。…

前場 (ぜんば)

前場とは午前の取引のことをいい、午前9時から11時30分までとなります。前場に対…

増資 (ぞうし)

増資とは、本来、企業が資本金を増加させることをいいます。しかし、一般的に企業が資…

増配 (ぞうはい)

多くの企業は利益の中から株主への還元策として定期的に配当を出しますが、業績改善や…

底値 (そこね)

一定期間中に付いた、相場の一番低い値段を示す相場用語で、反対語は天井値です。底と…

損益分岐点 (そんえきぶんきてん)

企業経営において、売上高と費用が等しくなり、損益がゼロとなるときの売上高のことを…

損切り (そんぎり)

損切りとは、投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定…

第三者割当増資 (だいさんしゃわりあてぞうし)

第三者割当増資は、会社の資金調達方法のひとつです。株主であるか否かを問わず、特定…

貸借取引 (たいしゃくとりひき)

貸借取引とは、証券金融会社が証券会社に対して制度信用取引に必要な資金や株券を貸し…

貸借倍率 (たいしゃくばいりつ)

信用取引における信用買いと信用売りの各残高の比率を数値化したもので、信用倍率とも…

貸借銘柄 (たいしゃくめいがら)

制度信用取引の対象銘柄のうち、信用取引の買建だけでなく、売建(カラ売り)もできる…

貸借融資銘柄 (たいしゃくゆうしめいがら)

制度信用取引の対象銘柄のうち、信用取引の買建のみが可能な銘柄のことです。一方、買…

代用有価証券 (だいようゆうかしょうけん)

信用取引の委託保証金を差し入れる際、一定の条件のもとで現金ではなく有価証券でこれ…

ダウ工業株30種平均/ニューヨーク・ダウ  (ダウこうぎょうかぶさんじゅっしゅへいきん/ニューヨーク・ダウ)

ウォール・ストリート・ジャーナルを発行するアメリカのダウ・ジョーンズ社が算出、発…

高値 (たかね)

高値とは、ある期間の中で一番高い値段のことです。期間は1日、1週間、1カ月、1年…

タコ足配当 (タコあしはいとう)

タコ足配当とは、企業が原資となる十分な利益がないにもかかわらず、過分な配当金を出…

立ち会い (たちあい)

立ち会いとは、証券取引所内において会員証券会社間で売買取引を行うことをいいます。…

立会外分売 (たちあいがいぶんばい)

立会外分売とは、取引所における取引時間外(立ち会い外)に、上場株式のまとまった売…

DAX指数 (ダックスしすう)

DAX指数とは、ドイツのフランクフルト証券取引所の上場銘柄のうち、ドイツ企業の主…

単元株 (たんげんかぶ)

単元株とは、通常の株式取引で売買される売買単位のことです。単元は、ある一定のルー…

単元未満株 (たんげんみまんかぶ)

単元未満株式とは、銘柄ごとに決められている最低売買単位である1単元の株数に満たな…

単純平均株価 (たんじゅんへいきんかぶか)

単純平均株価とは、対象銘柄の株価を合計して銘柄数で割ったものです。計算方法が簡単…

チャート分析 (チャートぶんせき)

チャート分析とは、株価や為替などの将来の値動きを価格や出来高などの過去の動きから…

月足 (つきあし)

月足とは、株価の値動きを表す、主にローソク足チャートにおける株価の値動きの描き方…

つなぎ/つなぎ売り (つなぎ/つなぎうり)

つなぎ(売り)とは、保有している銘柄の株価の下落が予想される場合に、保有している…

デイ・トレーダー (デイ・トレーダー)

デイ・トレーダーとは、買った株をその日のうちに売る、あるいは、売った株をその日の…

TOB/公開買付け (ティーオービー/こうかいかいつけ)

TOBとはTake Over Bidの略で、上場会社の株券等を、あらかじめ買付価…

低位株 (ていいかぶ)

低位株とは、株価水準が低い銘柄のこと。どの程度の水準より下が低位株かという定義は…

出来高 (できだか)

出来高とは、期間中に成立した売買の数量のこと。株式の場合、1日、1週間など、ある…

手仕舞い (てじまい)

株式や為替などの取引において、保有しているポジションを決済することにより、現金化…

デッドクロス (デッドクロス)

長期の移動平均線を、短期の移動線が上から下に突き抜けたとき(交差したとき)を、デ…

東京証券取引所 (とうきょうしょうけんとりひきじょ)

東京証券取引所は、日本最大の証券取引所です。略して東証とも呼ばれます。東京証券取…

投資部門別売買動向 (とうしぶもんべつばいばいどうこう)

東京証券取引所が、個人・外国人・金融機関など、投資家ごとの売買動向をまとめたもの…

騰落率 (とうらくりつ)

騰落率とは、ある期間の始めと終わりとで価格がどれだけ変化したかを表すものです。例…

騰落レシオ (とうらくレシオ)

騰落レシオとは、市場の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から、市場の過熱感を見…

特別気配 (とくべつけはい)

需給が一方に偏り、買い呼値だけがあって更新値幅内に売りがなく、適当と認める範囲を…

トップダウン・アプローチ (トップダウン・アプローチ)

投資信託などで組み入れ銘柄のポートフォリオを構築する際に採られるアプローチの仕方…

TOPIX/東証株価指数 (トピックス/とうしょうかぶかしすう)

東証株価指数(とうしょうかぶかしすう)とは、東京証券取引所第一部上場全銘柄を対象…

内需関連株 (ないじゅかんれんかぶ)

事業基盤が国内にあり、国内景気(内需)が好調なときに、より業績の拡大が見込まれる…

内部留保 (ないぶりゅうほ)

内部留保とは、企業が生み出した利益から税金や配当、役員報酬などの社外流出分を差し…

NASDAQ (ナスダック)

1971年に開設された米国にある新興企業向けの株式市場の名称です。NASDAQ上…

成行注文 (なりゆきちゅうもん)

成行注文とは、売買を行うときに、値段を指定せずに注文することをいいます。売買が成…

ナンピン買い (ナンピンがい)

ナンピン(難平)買いとは、保有している株価が下がったときに、さらに買い増しをして…

日経株価指数300 (にっけいかぶかしすうさんびゃく)

日経株価指数300とは、日本経済新聞社が算出・発表している東証1部上場銘柄の主要…

日経ジャスダック平均株価 (にっけいジャスダックへいきんかぶか)

日経ジャスダック平均株価とは、東京証券取引所JASDAQ市場上場銘柄を対象とした…

日経平均株価/日経225 (にっけいへいきんかぶか/にっけいにーにーご)

日経平均株価とは、日本経済新聞社が発表する株価指数のことで、東証1部上場銘柄のう…

値洗い (ねあらい)

値洗いとは、もともとの値段を時価で洗い直す(リセットする)ことを意味します。信用…

値がさ株 (ねがさかぶ)

値がさ株(値嵩株)とは、1単元当たりの株価の水準が高い銘柄のことをいいます。どの…

値幅制限 (ねはばせいげん)

株式取引において、1日で変動できる株価の上下限を制限したもの。投資家を保護する目…

バイ・アンド・ホールド (バイ・アンド・ホールド)

バイ・アンド・ホールド(Buy and Hold)とは、長期保有を行うことを前提…

配当 (はいとう)

配当とは、企業が株主に利益を分配することをいい、投資家が保有する株数に比例して分…

配当落ち・権利落ち (はいとうおち・けんりおち)

配当落ちとは、その期の配当を受ける権利が権利確定日の翌営業日をもってなくなること…

配当落調整額/配当落調整金 (はいとうおちちょうせいがく/はいとうおちちょうせいきん)

信用取引を行っている場合の配当金相当額の調整処理を指します。信用取引では、買い手…

配当性向 (はいとうせいこう)

配当性向とは、その期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払ってい…

配当利回り (はいとうりまわり)

配当利回りとは、購入した株価に対し、1年間でどれだけの配当を受けることができるか…

売買単位 (ばいばいたんい)

売買単位とは、売買するときの最低株数のことで、「単元」といいます。売買単位は企業…

端株 (はかぶ)

端株とは、1株未満の株のことです。端株の最小単位は0.01株、つまり1株の100…

始値 (はじめね)

始値とは、ある期間で最初についた価格のことをいいます。期間が1日の場合、始値は寄…

バスケット取引 (バスケットとりひき)

複数銘柄をまとめてバスケットに入った1つの商品として売買する取引のことをいいます…

発行価格 (はっこうかかく)

株式等の募集に際して、投資者が株式等を購入する際の1株当たりの金額のことをいい、…

発行価額 (はっこうかがく)

有価証券の発行者が新たに株式等を発行する際の会社法上の払込金額をいいます。なお、…

初値 (はつね)

一般に、上場日以降に初めて付いた市場価格を指します。

バリュー投資 (バリューとうし)

投資信託などの運用手法のひとつで、現在の株価がその企業の利益水準や資産価値などか…

ハンセン指数 (ハンセンしすう)

ハンセン指数とは、香港市場全体の動きを表す代表的な株価指数のことです。香港証券取…

PSR (ピーエスアール)

PSRとはPrice Sales Ratioの略で、株価売上倍率と訳されます。時…

PO/公募・売出し (ピーオー/こうぼ・うりだし)

POは、Public Offering(パブリック オファリング)の各頭文字を取…

PCFR (ピーシーエフアール)

PCFRとはPrice Cash Flow Ratioの略で、株価キャッシュフロ…

BPS/1株当たり純資産 (ビーピーエス/ひとかぶあたりじゅんしさん)

BPSとはBook-value Per Shareの略で、株式1株当たりの純資産…

引当金 (ひきあてきん)

引当金とは、企業会計において将来発生する特定の費用や損失に備えるため、あらかじめ…

引受価額 (ひきうけかがく)

株式等の募集や売出しにおいて、引受証券会社が発行者または売出人から株式等を買い取…

引け・大引け (ひけ・おおびけ)

引けとは、前場、後場の最後の売買をいいます。特に後場の最終売買は「大引け」といい…

VIX指数 (ビックスしすう)

VIX指数とはVolatility Indexの略で、シカゴオプション取引所がS…

日計り/日計り商い (ひばかり/ひばかりあきない)

日計り、日計り商いとは、その日買った銘柄をその日のうちに売る、または信用取引など…

日々公表銘柄 (ひびこうひょうめいがら)

取引所は、投機的な取引に活用されやすい信用取引の過度な利用を未然に防止するため、…

ファンダメンタルズ (ファンダメンタルズ)

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基…

VWAP (ブイワップ)

VWAPとは、売買高加重平均価格のことで、当日の取引所で成立した価格を価格ごとの…

復配 (ふくはい)

以前は配当が出ていて、その後一時的に無配の状態に陥っていた企業が、業績改善などを…

ブックビルディング方式 (ブックビルディングほうしき)

ブックビルディング方式とは、一般的に「需要積み上げ方式」とも呼ばれ、引受証券会社…

浮動株 (ふどうかぶ)

発行されている株式の中で、安定した株主に保有されておらず、市場に流通する可能性の…

募集 (ぼしゅう)

新たに発行される有価証券等の取得の申し込みの勧誘のうち、私募(多数の者に譲渡され…

ボックス相場 (ボックスそうば)

箱の中に入ってしまったかのように、高値と安値が一定の範囲内(レンジ)を行き来して…

ボリンジャーバンド (ボリンジャーバンド)

ボリンジャーバンドとは、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーが考案したテクニカル…

マザーズ (マザーズ)

マザーズとは、東京証券取引所が開設した新興企業を対象とした証券市場のことで、正確…

MACD (マックディー)

MACDとは「Moving Average Convergence Diverg…

窓 (まど)

2本のローソク足チャートの間に空いた空間のことです。株価が前日のヒゲを含む高い(…

未公開株 (みこうかいかぶ)

証券取引所(金融商品取引所)には上場(公開)していない企業の株式のこと。非公開株…

銘柄コード (めいがらコード)

銘柄コードとは、上場企業全てに割り振られている4桁の番号のことです。企業名の中に…

目標株価 (もくひょうかぶか)

証券会社などに属するアナリストは、担当するセクター(業種)の銘柄について、投資判…

目論見書 (もくろみしょ)

有価証券の発行者が、有価証券の募集や売出しの際に、投資者に提供するために作成する…

持株会社 (もちかぶがいしゃ)

持株会社とは、株主として別の会社を支配する目的で、別の会社の株式を保有する会社の…

持株制度 (もちかぶせいど)

企業が自社の従業員・役員・取引関係者に対して自社株の取得・保有を推進するための制…

約定 (やくじょう)

約定とは、株式取引などの売買が成立することをいいます。株式取引の場合、注文をして…

安値 (やすね)

安値とは、ある期間の中で一番安い値段のことです。期間は1日、1週間、1カ月、1年…

優先株 (ゆうせんかぶ)

優先株とは、種類株式の一種で、他の株式に比べて優先的地位を持っている株式のことを…

優先出資証券 (ゆうせんしゅっししょうけん)

優先出資証券は、「協同組織金融機関」が自己資本の充実を図るため、会員からの普通出…

有利子負債 (ゆうりしふさい)

有利子負債とは、利息を付けて返さないといけない負債のことです。具体的には銀行から…

陽線 (ようせん)

陽線とは、株価の動きをローソク足で表すとき、始値に比べて終値が高かった場合に一般…

預託証書 (よたくしょうしょ)

預託証書とは、受け渡しが困難な海外の株式の代わりに発行する証書のことです。預託証…

呼値 (よびね)

呼値とは、売買する際の価格の刻み幅のことで、株価によって異なります。例えば、TO…

寄付 (よりつき)

寄付とは、前場と後場それぞれで最初に成立した取引のことをいいます。また、最初の取…

四本値 (よんほんね)

四本値とは、ある一定期間の始値、終値、高値、安値の4つの価格のことです。・始値(…

利益準備金 (りえきじゅんびきん)

利益準備金とは利益剰余金のうち、会社法によって積み立てることが義務付けられている…

利益剰余金 (りえきじょうよきん)

利益剰余金とは、企業が生み出した利益を積み立てたお金で、会社内部に蓄積されている…

利食い (りぐい)

利食いとは、購入した価格より値上がりして利益が出ている時点で売却し、利益を確定す…

レバレッジ (レバレッジ)

レバレッジ(Leverage)とは「てこの原理」という意味ですが、金融業界でレバ…

ローソク足 (ローソクあし)

ローソク足とは、ある期間の始値、終値、高値、安値の4つの価格をひとつの線で表した…

ロールオーバー (ロールオーバー)

ロールオーバー(Rollover)とは「乗り換え」を意味し、先物取引などで保有し…

ロスカット (ロスカット)

ロスカットとは、投資において一定の損失が出た段階で手仕舞い(決済)して損失を確定…

ロックアップ (ロックアップ)

株式等の募集や売出しを実施した後の需給関係を安定させることを目的として、発行者や…

割安株 (わりやすかぶ)

割安株とは、その会社の利益や資産に対しての評価が株価に反映されておらず、株価が低…