Recruiting site 2020想う、動く、創る、金融の未来。

MESSAGE

トップインタビュー

「想像し創造する場所」
一人ひとりが個性を際立たせ、
色鮮やかな人材であってほしい。

代表取締役社長清水喜彦

SMBCグループを牽引する
総合証券会社。

私たちSMBC日興証券は、1918年に川島屋商店として創業以来、100年以上にわたり、大切なお客さまの信頼に支えられ、共に歩み成長してきました。
お客さまの発展無くしてSMBC日興証券の発展は無く、引き続き私たちは、お客さまと誠実に向き合い、高い価値を提供することで、お客さまに信頼され選んでいただける総合証券会社を目指していきます。

SMBC日興証券は、2009年にSMBCグループの一員となり、「国内外において質の高いサービスを提供」することで、お客さまに選ばれる「本邦No.1の総合証券会社」となることを目指して、体制整備を進めてきました。
SMBCグループ入り後、当社は、お客さまの多様化する資産運用ニーズや資金調達ニーズに対し、総合金融グループとしてシームレスで最適なソリューションを提供するため、グループの中核会社の1つである三井住友銀行とともに「銀証連携」のビジネスモデルを推進しています。
「銀証連携」をグループ戦略の1つとして進める理由、それは、金融が直接金融と間接金融に大きく分けられる中で、その双方をお客さまが必要としているためです。
例えば、間接金融は、皆さんに身近な銀行などの金融機関が担っています。間接金融では、投資家が銀行を信頼して預けた資金は預貯金となり、銀行を介して間接的に、資金を必要とする事業体に供給されます。
一方、直接金融は、金融商品の売買を通じて、投資家自身の意思で、資金を必要とする事業体に直接資金を供給します。そのとき私たち証券会社が、投資家と優良な事業体をつなぐ仲介者としての役割を果たします。
投資家、事業体にとって、間接金融と直接金融はそれぞれメリットがあり、どちらの金融モデルも必要不可欠です。この両方の金融モデルをグループ内で連携して提供できることにより、力強い相乗効果が生まれ、私たちのお客さまである投資家・発行体の運用・資金調達ニーズにお応えすることができます。

圧倒的な強さのリテール。
躍進のグローバル。

SMBC日興証券は、「リテール」「ホールセール」双方の機能を持ち、「グローバル」に活躍する総合証券会社です。
当社は、100年に及ぶ歴史に培われたお客さまとの信頼関係のもと、リテールに強みを持つ証券会社として、全国に148店舗(2018年12月31日現在)を展開し、お客さまの投資目的やリスク許容度を勘案した質の高いコンサルティングを提供しています。
ホールセールにおいては、SMBCグループ入り後、総合証券会社として成長する中で着実に実績を積み上げ、M&A及び株式・債券による資金調達等のインベストメントバンキングビジネスや、国内外の多様な投資家に対して適切な金融商品を提供するセールス&トレーディングビジネスが、飛躍的に拡大してきています。また、特に日本経済の成長にとっては、社会にイノベーションを起こす企業に対する支援が重要であるため、IPO(新規公開)ビジネスに力を入れています。
グローバルなビジネスの分野においても、目に見えてプレゼンスが高まっており、例えば、日系企業が海外で発行する外貨建て債券や、外国政府が日本で発行する円建て債券等について、各企業・各国政府より主幹事の指名をいただいています。直近では、ある日本企業の海外市場における前例のないほどの大規模な株式売却案件に際し、当社が大きな役割を果たしたことが海外からも大きな注目を集め、海外投資家との取引拡大につながるきっかけとなりました。
このようにホールセールビジネスにおいても、グローバル案件などを数多く手掛け、業界トップクラスまで成長してきました。

Research、Imagine、Create。

お客さまに信頼され選んでいただける総合証券会社となるために、どのような人材が必要か。私は、お客さまのことを徹底的に調べて(リサーチ)、お客さまとの会話を通じて、お客さまに何が必要かを想像(イマジン)できる人だと考えています。なぜなら、ソリューションとはお客さまの本質的なニーズを見つけて初めて提供することができますが、お客さまが簡単にそれを話してくださることはありません。本質的なニーズとは、お客さまの悩みや弱みであるケースが多いためです。
そして、想像して終わりではありません。私たちのビジネスは、そこからサービスを創り出す(クリエイト)必要があります。私は常々、「想像が創造をつくる」と言っていますが、お客さまのために「リサーチ、イマジン、クリエイト」ができる人を、私たちは求めています。

「任せてみたい」と思うのは、
色鮮やかで個性が際立った人。

SMBC日興証券は、社員の多様性を大切にしています。多様性とは、単にいろいろな社員が在籍しているということではなく、それぞれの社員の個性が際立っていることだと私は考えています。
「お客さまに選んでいただける証券会社を目指す」という目標は同じであっても、「私はこうなりたい」という夢や野心の方向性は、人それぞれでいいと思っています。
「色鮮やかな人材であってほしい」と、私はよく社員に話します。赤でも黄色でもいい、色鮮やかであれば、「あの仕事を任せてみたい」と周囲にイメージしてもらえるものです。
皆さんには、自分が好きなこと、興味があることを、できるだけ早く見つけてほしいと思います。当社は、リテール、ホールセール、グローバル、すべてが揃った総合証券会社ですから、興味があることをいち早く見つけられた人ほど、能動的にキャリアを切り拓いて行くことができます。
私たちと共に、お客さまから最高のパートナーとして選ばれる証券会社を目指す、夢や野心に満ちあふれた、個性豊かな皆さんの挑戦を心よりお待ちしております。

Recommend

スペシャルコンテンツ

SMBC日興証券の仕事