初めてでもわかりやすい用語集

DX (デジタルトランスフォーメーション)

DXとはDigital Transformationの略で、高速インターネットやAI(人工知能)などのITの活用により、ビジネスや生活の質を高めていくことを指します。もともと2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授らが提唱したものですが、近年では一般的に「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業の変革」という意味を持つビジネス用語としてよく使われています。
日本では、2018年に経済産業省が「DX推進ガイドライン」を策定し、DXを「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義しています。
たとえば、実店舗がある小売業がネット上で販売を始めたり、オフィス業務中心の会社がテレワークに対応して業務プロセスを見直してデジタル化したりする動きが加速しています。さらに、こうしたデジタル化で得たデータをAIが解析することによって、DXに生かすケースも増えています。

ワンポイント

既存のITシステムの老朽化などにより、日本企業にとってITを活用したビジネスモデルの変革や、それに伴う業務、組織、企業文化などの変革は急務となっています。そのため、ここ数年、DXは投資テーマとしても注目されています。

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ