初めてでもわかりやすい用語集

外貨建て年金 (がいかだてねんきん)

外貨建て年金とは、払い込んだ保険料を日本円ではなく、米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で運用する年金保険のことです。
一般的に、将来受け取る年金額や死亡保険金は、外貨ベースでしか保証されていないので、為替が変動することによって、日本円に換算すると元本割れとなる可能性があります。
また、日本円を外貨に交換するためのコスト(為替手数料)がかかります。
保険料の支払方法としては、全額払い込む「一時払タイプ」が主流ですが、定期的(毎月または毎年)に払い込む「積立タイプ」もあります。(※当社では、定期的(毎月または毎年)に払い込む「積立タイプ」の商品の取扱いはありません。)

ワンポイント

現在、日本国内の金利は低水準のため、米国や欧州の金利水準で運用される外貨建て年金は、円建てに比べ、契約時に保険会社が定めた利率(予定利率)が高いことが魅力です。また、外貨のままで受け取ることができるものもあり、この場合は為替手数料がかからないので、将来海外旅行や海外移住を予定している場合には有利だといえるでしょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ