初めてでもわかりやすい用語集

年金原資 (ねんきんげんし)

年金原資とは、将来受け取る年金額の元手となる資金のことです。
年金額は年金原資をもとに計算されますが、年金の受取方法によって受取総額は異なり、一括で受け取るよりも分割で受け取るほうが受取総額は多くなります。これは、分割の場合、まだ受け取っていないお金は保険会社が運用を行うためです。運用分だけ受取総額が多くなります。
変額年金の場合、払い込んだ保険料を運用して、その運用の結果次第で年金原資が増減しますが、中には払い込んだ保険料を下回らない「元本確保タイプ」の商品もあります。

ワンポイント

年金の受取方法にはさまざまなものがあり、さらに年金形式ではなく一括で受け取ることができるものもあります。契約時に受取方法を決めますが、年金を受け取る前であれば、受取方法の変更が可能です。
「終身年金」は生きている間ずっと受け取ることができ、「確定年金」は生死にかかわらず一定期間受け取れます。また、「有期年金」は生存している間、一定期間受け取れます。終身年金と有期年金の中には、生死にかかわらず一定期間受け取れる「保証期間付年金」もあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ