初めてでもわかりやすい用語集

時間優先の原則 (じかんゆうせんのげんそく)

証券取引所において、同一銘柄、同一値段の売り買いそれぞれの注文について、注文が行われた時間によって、先に出された注文が、後に出された注文に優先するという原則のこと。価格優先の原則と並んで、オークション方式で行われる取引所取引の重要な原則になっています。取引時間中(ザラ場)の取引においては、この原則が適用されますが、寄付(1日の最初の値段が成立するとき)については、すべて同一時間に出された注文とみなされ、時間優先の原則は働かずに、注文数に応じて比例配分されます。

ワンポイント

時間優先の原則は、例えば、Aさんがある銘柄について1,000円で3,000株の買い注文を9:30に出した後、Bさんが同じ銘柄について1,000円で5,000株の買い注文を9:35に出していたとします。他に買い注文はなく、9:40に1,000円で5,000株の売り注文が出てきたとすると、注文時間の早いAさんの3,000株の買い注文が先に約定し、Bさんの買い注文のうち2,000株だけが約定するかたちになります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ