初めてでもわかりやすい用語集

積立利率 (つみたてりりつ)

積立利率とは、保険金を支払うために保険会社が保険料の一部を積み立てている部分に対して適用される金利のことです。
例えば、一時払タイプの場合、受け取った保険料から手数料などを差し引いた部分に対して積立利率が適用され、その金利で運用されます。日本円だけでなく、米ドルや豪ドル、ユーロといった外貨で運用する保険もあります。
また、積立利率が固定の保険と変動の保険があり、変動の保険の場合は、一般的に最低利率が保証されています。

ワンポイント

現在、日本は低金利のため、米国や欧州の金利水準で運用される外貨建て年金は、円建てに比べ、積立利率が高いことが魅力となっています。ただし、外貨建ての商品の場合は、外貨ベースでは元本確保がされていても、円に換金した時点で元本割れしてしまうことがあります。
例えば1ドル110円で1万ドル分(日本円で110万円)の保険に加入し、満期時に1万1,000ドルとなっていても、ドルが1ドル100円になっていた場合、日本円に交換すると110万円になってしまいます。さらにこの例では、100円未満になれば元本割れになります。
外貨建ての年金商品は、為替変動に大きく左右されることを念頭に置いておきましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ