インフレや相場変動から“まもる”

インフレや相場変動から“まもる”

インフレとは継続的に物価が上昇し、お金の価値が減少することを意味しています。
日本は為替(円安)や資源価格を要因としたインフレになりやすい国といえます。また、足元の高インフレが株式市場の乱高下につながるなど影響が広がっています。インフレや円安、株価変動から「資産を守る」視点で外貨建て債券を検討しましょう。

インフレってなに?

インフレとは継続的に物価が上昇することです。物価とは私たちが普段購入しているモノや利用するサービスの値段のことをさします。物価の上昇は、お金の価値が減少することを意味しています。
物価が上昇すると、同じ金額で買えるモノやサービスの量が少なくなります。例えば、現在100円で買える飲み物が将来110円に値上がりした場合、当然100円では同じ飲み物は買えません。
このことから、100円(お金)の価値が物価の変動によって変化(減価)することが分かります。

インフレとはお金の価値が減少することです。

お金の価値はどうなる?

インフレにより資産価値は減価するため、物価上昇が継続すると、 お金の実質的価値は 低下し続けます。
バブル崩壊以降、日本は物価が継続的に下落するデフレを経験しました。そのため、日本人は「物価が上がる」という感覚に乏しい状況が続いていたと考えられます。
しかし、足元では世界で歴史的なインフレが進み、日本においても物価上昇に直面しています。生活必需品を輸入に頼る日本では、「資源価格上昇」「円安の進行」などを背景に物価上昇率が高まるリスクを想定し、お金の価値を維持・向上させることを検討しましょう。

物価上昇率とお金の価値の変化

生活必需品を輸入に頼る日本のインフレ

日本の食料自給率は先進国の中で最低水準であり、多くを輸入に頼っています。食料だけでなく、エネルギーも輸入の割合が高い状況です。このことは、為替の動向が商品価格に影響を与えることを意味します。
具体的には、同じものを同じ量、輸入しても円安になれば円の価値が下がり、支払う円の額が多くなります。支払額が増えたのですから輸入品の国内販売価格が上がることに繋がります。

自給率の低い日本は為替や資源価格を要因としたインフレになりやすい国といえます。

各国の食糧自給率

  • 出典:農林水産省WebサイトをもとにSMBC日興証券作成*令和元年度データ

「円」だけで大丈夫?

インフレが進んでも、それ以上にお金の価値が増えれば問題ありませんね。しかし、国内のインフレ率に対して預金金利は著しく低い状況が続いています。
日本を取り巻く環境は、人口減、少子高齢化、労働人口の減少等による財政悪化、経済成長率の低下が懸念されています。こうした環境下では預金金利の上昇は見込みづらいと考えられます。
預金などの円資産の価値低下を防ぐには、資産運用によってインフレ率以上に資産を増やすことが必要でしょう。

外貨資産の保有を検討しましょう!

資産を守る方法の一つとして外貨資産の保有を検討しましょう。
それは、円の価値が下がっても、外貨の価値が上がれば資産全体の目減りを抑えることが期待でき、インフレから資産を守ることにつながるからです。

外貨の保有で資産の減価を補うことが期待できます。

  • 円の価値の下落に対して、外貨の価値上昇(外貨高・円安)が伴わない場合もあります。

分散投資に「外貨建て債券」を組み入れましょう!

インフレ対策のための投資対象として株式も魅力ある資産の一つです。しかし、株式投資は比較的高いリターンが期待できる一方で、価格変動のリスクが大きい傾向にあることが知られています。
債券も価格が変動しますが、株式よりも小幅で、かつ株式とは異なる値動きになりやすい性質があります。
株式と債券の両方を保有すれば、もし株価が下落したとしても債券は値上がりしている可能性があり、運用総額の値動きを小さくする効果が期待できます(分散投資)。

債券には運用資産全体の値動きを抑える効果があります。

ご留意事項

このページの関連情報