魅力ある金利でコツコツ“ふやす”

金利を味方にコツコツ”ふやす”外貨建て債券投資とは?

金利と景気は密接に関わっています。金利変動が及ぼす株価への影響について、ニュースで目にすることもあるのではないでしょうか。
このページでは景気と密接な関係にある「金利」に焦点をあてて解説します。株式投資中心の方にも知ってほしい、金利を味方にした外貨建て債券投資についてご紹介いたします!

金利はどうして動くの?

一般的に景気が上向くと、企業の設備投資が旺盛になることから資金需要が高まり、金利が上昇します。逆に景気が悪くなると、資金需要が後退することで金利は低下します。
各国の中央銀行は金利(政策金利)を上下させるなど金融政策によって景気を調整しています。そして、金融機関はこの政策金利を基に企業や個人に対する資金の貸出金利を決定しています。
そのため、景気と金融政策の動向は金利環境を知る上で重要です。

  • 政策金利とは、中央銀行が設定する誘導目標金利(短期金利)です。

景気や金融政策の動向で金利は動きます。

株価と金利

一般的に、好景気になれば企業業績が良くなるため株価は上昇します。反対に、不景気になれば企業業績が悪くなり株価は下がります。
金利も同様に景気動向に応じて上下します。金利も株価も「景気」を起点に考えるとおおまかな方向性が分かりやすくなります。
好景気を背景とした株価の上昇局面においては、金利水準が「以前より上昇している」または「今後上昇する可能性がある」と考えられます。ぜひチェックしてみましょう。

景気の好転による株価上昇時は金利水準もチェックしましょう!

国によって違う金利水準

国によって景気や金融政策の状況が異なることから、金利水準は各国さまざまです。
日本では低金利環境が継続しており、定期的な金利収入がポイントとなる債券投資において、国内の金利水準では魅力を感じにくいかもしれません。
一方で、海外に目を向けると、相対的に高い金利環境の国々があります。
そのため、投資の目標額・期間・許容リスクによって、外貨建て債券が有力な投資先候補になると考えられます。

景気の好転による株価上昇時は金利水準もチェックしましょう!

各国10年国債利回り

  • 各国10年国債利回り

金利の底力

長らく低金利環境が続いている日本では、“金利で資産を増やす”というイメージを持ちにくいのが現状です。
しかし、例え数%の金利であっても長期で考えれば着実に資産を増やすことができるといえるでしょう。
特に、債券投資は金利(利回り)が確定しているため、投資をスタートした時点で投資成果を事前に把握できる点は魅力です。

  • 外貨建て債券投資では為替や債券価格の変動等が投資元本に影響を与えるため計算通りの投資成果を得られない場合があります。

運用利回り別の資産の増え方

  • 上記利回り(1年複利)で運用した場合の成果を表示しています。(税金未考慮)

こんなメリットも!

長期運用の投資先として株式も魅力ある資産の一つです。しかし、株式投資は比較的高いリターンが期待できる一方で、価格変動のリスクは大きくなる傾向にあることが知られています。
債券にも値動きがありますが、価格変動が株式よりも小幅で、株式とは異なる値動きになりやすい性質があります。
株式と債券の両方を保有すれば、もし株価が下落したとしても債券は値上がりしている可能性があり、運用総額の値動きを小さくする効果が期待できます(分散投資)。

ご留意事項

このページの関連情報