どれくらいの金額から買えるの?

株ってどういう単位で買えるの?〜単元株〜

証券取引所では、上場会社が定款で定めた1単元の株式の株を最低売買単位として、その整数倍の株数で取引が行われています。
上場会社の多くは、100株もしくは1,000株を1単元としていますが、1単元の株を定めず、1株で取引されている会社もあります。

  • 全国証券取引所では、売買単位の集約を整備すべき課題の一つとし、上場する内国会社の普通株式の売買単位を100株へ統一することを最終的な目標としています。

単元株が100株だったら、市場に60株とか75株といった数量の発注はできません。
注文の前に、発注数量が単元数の整数倍になっているかを確認しましょう。
直近の株価が500円で100株単位の銘柄を買おうと思ったら、最低でも500円×100株=5万円に加えて、手数料(税込)が必要になります。

どれくらいの金額から買えるの?〜意外とお手軽〜

東京証券取引所に上場している銘柄の取引金額

投資は100万円からとか、大きなお金がないと取引できないと思っている方も多くいらっしゃるかと思います。
ところが、大きなお金ではなくても取引できるんです。

東京証券取引所に上場している銘柄は約3,800銘柄。
そのうち、10万円以下で購入できる銘柄は約1,400銘柄(全体の約40%)、20万円以下であれば、なんと約2,500銘柄(全体の約70%)もあります。

  • 2018年11月現在/SMBC日興証券調べ

オンライントレードでは例えば10万円以下で買える銘柄といった、最低購入金額で検索することもできます。さらに、気になる業種や株主優待がある企業に限定して検索することができるなど、便利な機能がたくさんあります。

株式投資を1万円から〜キンカブ(金額・株数指定取引)〜

金額・株数指定取引 キンカブ

さらに当社独自のサービスとして、キンカブ(金額・株数指定取引)がおすすめです。通常の株式取引では、銘柄ごとに決められた単元株単位で注文する必要があります。このため、せっかく投資したい銘柄があっても、必要な金額が大きくてあきらめなければならない場合もありますが、キンカブを使えば、1万円以上の希望の金額で注文することができるのです。

キンカブなら、東京証券取引所の市場第一部および市場第二部に上場している銘柄のうち、当社が選定する約2,300銘柄をお取引いただけます。※2018年4月時点

金額を指定

1銘柄につき1万円以上1,000円単位の金額を指定できます

株数を指定

小数点以下第5位までの株数(概算注文金額が1万円以上)を指定できます

※NISA口座で「株数指定注文」はお取り扱いできません。

株式も金額指定で買えるといいですね・・・。それなら、SMBC日興証券のキンカブです!

キンカブ(金額・株数指定取引)へ

ご留意事項

このページの関連情報