株式投資の魅力と知っておきたいこと

株式投資をするとどんないいことがあるの?〜株式投資の魅力〜

株式投資の魅力は主に3点あると考えられます。

値上がり益 配当金 株主優待

株式の値上がり益(キャピタルゲイン)

上場株式の株価は、投資家の会社に対する評価が上がると株価は上昇し、逆に会社の評価が下がると株価は下落します。

投資家は売却した金額が購入した金額よりも高い場合、差額が値上がり益、つまり、投資家の利益になります。

配当金(インカムゲイン)

企業活動によって生まれた利益の一部が株主に還元されたものを「配当金」といいます。配当金は、企業によって支払われる金額や、支払われる回数などが異なります。また、全く配当を行わない企業もあります。

株主優待

企業が株主に対して、その持株数に応じて、自社製品や優待券などを無償で還元することを「株主優待」といいます。企業独自のサービスなどを株主優待として提供する企業もあり、株主優待を目的として企業に投資をする株主もいます。株主優待の回数や内容については各企業によって異なり、また年度ごとに変更する企業もあります。

「株主優待情報」を検索する

テーマパークのチケットやファミリーレストランの優待券、お米や図書カード、地域の名産品といったものを配る企業もあります。オンライントレードでは、例えば、「購入代金10万円以下で、株主優待で食事券がもらえる会社」みたいに簡単に検索できます。

知っておきたいこと〜株式投資のリスク〜

株式の値下がり損(キャピタルロス)

株式投資のリスクとしては、売却価格が購入価格を下回った場合、この差額は投資家の値下がり損(キャピタルロス)が発生してしまうことが挙げられます。

また、投資していた会社が倒産してしまった場合は、大きな損失を被る可能性があります。

リスクは回避できるの?〜分散投資〜

株式投資では、株価の下落や企業の破綻(倒産)による上場廃止など、投資資金が想定以上に減ってしまうリスクがあります。このリスクをなくすことはできないまでも、低くする方法が分散投資です。

分散投資には、2つの方法を心がけましょう。

企業分散 異なる業種や、内需企業と外需企業に分散させるなどの方法があります。

時間分散 資金を一度に全て投資するのではなく、投資タイミングを何回かに分けて購入することでリスクを分散させる方法があります。

値下がりした時の対処方法〜難平(ナンピン)・損切(そんぎり)〜

株式投資では、株価が値下がりした局面での対処方法として、難平(ナンピン)・損切(そんぎり)の考え方があります。

難平(ナンピン)とは

ナンピン(難平)買いとは、保有している株価が下がったときに、さらに買い増しをして平均購入単価を下げることです。例えば、600円で1,000株買った銘柄が、500円に下がったときに1,000株買い増しをしたとすると、1株当たりの平均購入単価は550円になり、利益が出る水準が下がります。これをナンピン買いといいます。ナンピン買いは株価が上昇トレンドにあって、一時的に下がったときに行うと有利になる可能性の高い投資手法ですが、下落トレンドの途中では損失をさらに大きくすることにもなりかねません。

損切(そんぎり)とは

損切りとは、投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させることをいいます。ロスカット、ストップロスとも呼ばれます。購入した株式の価格が下落して、その後の回復が見込めないと判断できるケースでは、損切りが有効と考えられます。そのまま保有し続けた場合、さらに株価が下落して損失額が膨らむ可能性もあるため、損切りをして損失額を確定させることで、それ以上損失が膨らまないようにすることができます。なお、利益が出ている株式等を売却して利益を確定させることを「利食い(りぐい)」といいます。

ご留意事項

このページの関連情報