NISA(ニーサ)

お知らせ

当社に口座をお持ちでない

証券総合口座開設

NISA口座開設へ

当社に口座をお持ちの方

NISA口座開設

一般NISAからつみたてNISAへ切り替えをご希望の方

NISA口座
勘定変更
NISA口座
勘定変更

  • ログイン後、NISA口座 - 申込・状況照会 - 画面へ移動します。

一般NISA

一般NISAかつみたてNISAどちらか選択

  • 「一般NISA」と「つみたてNISA」は同一年での併用はできませんのでご留意ください

一般NISAかつみたてNISAどちらか選択

  • 「一般NISA」と「つみたてNISA」は同一年での併用はできませんのでご留意ください

一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの比較表

一般NISA つみたてNISA※1 ジュニアNISA
開設できる方 20歳以上※2
(日本に居住)
20歳以上※2
(日本に居住)
0歳〜19歳※2
(日本に居住)
非課税の対象 対象商品の配当所得、譲渡所得
買付可能期間 2023年12月末まで
(2024年より新しいNISA制度が開始予定)
2042年12月末まで 2023年12月末まで
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
期間終了後の繰越
(ロールオーバー)
できる できない できる
年間の非課税枠 120万円 40万円※3 80万円
対象商品 上場株式、公募株式投資信託等 一定の要件を満たす公募株式投資信託および上場株式投資信託(ETF)※4 上場株式、公募株式投資信託等
途中売却 原則、いつでも可
損益通算、損失繰越 できない
非課税枠の繰越、再利用 できない
その他 「一般NISA」と「つみたてNISA」は同一年での併用はできない 18歳※5までは途中払出しに制限あり

2020年12月現在の情報に基づいて作成しており、今後変更となる可能性があります。

  • ※1当社ではオンライントレード(日興イージートレード)でのお取り扱いになります。
  • ※2成年年齢の引き下げに伴い、2023年1月1日より「20歳」と記載の箇所は「18歳」、「19歳」と記載の箇所は「17歳」となります。
  • ※3つみたてNISA口座での買付上限金額は毎月33,000円(年間396,000円)となり、非課税投資枠(年間40万円)を使い切ることはできません。なお、積増し(増額月の設定)はできません。
  • ※4当社でのETFのお取り扱いはございません。
  • ※53月31日時点で18歳である年の前年の12月末(例:高校3年生の12月末)まで払出しできません。なお、令和2年度税制改正に伴い、2024年以降ジュニアNISA制度は新規の投資ができなくなり、払出し制限も撤廃されます。

非課税期間終了に伴うお手続きのお知らせ
〜2017年に当社一般NISA・ジュニアNISA口座で上場株式等をご購入いただいたお客さまへ〜

2017年に一般NISA・ジュニアNISA口座で購入された上場株式や公募株式投資信託等で、現在もNISA口座で保有されている残高は、2021年12月末に非課税期間(5年)が終了します。             
非課税期間を延長(ロールオーバー)するためには、2022年の一般NISA・ジュニアNISA口座の非課税枠に移管するお手続きが必要です。ロールオーバーのお手続きをしない場合は、課税口座(特定口座または一般口座)に払い出しされます。
なお、2022年の一般NISA・ジュニアNISA口座を開設されているお客さまには、下記のリーフレットやロールオーバーのお手続きに関するご案内を、10月中旬に当社より発送しておりますのでご確認ください。

NISA非課税期間終了に伴うお手続きのお知らせ(2017年に当社NISA口座で上場株式等をご購入いただいたお客様へ)

ジュニアNISA非課税期間終了に伴うお手続きのお知らせ(2017年に当社ジュニアNISA口座で上場株式等をご購入いただいたお客様へ)

NISA口座のみなし廃止措置について

令和3年度の税制改正により、2021年12月31日時点で2017年分のNISA口座を開設しており、第二勘定(2018年から2023年)のNISA口座を開設していないお客さまは、2022年1月をもって第一勘定(2014年から2017年)のNISA口座が廃止(みなし廃止)となります。なお、今回廃止となる第一勘定のNISA口座は、既に投資可能期間(2017年)は過ぎており、2021年末をもって非課税での保有期間が終了するため、お客さまの残高やお取引に影響はございません。

また、制度詳細は、以下の資料をご確認ください。

「マイナンバーを未提出の状態で一般NISA 口座を開設しているお客様へ」(日本証券業協会)

本件に関するQ&A

  • Q:第一勘定のNISA口座がみなし廃止されたらどうなりますか。
  • A:第一勘定のNISA口座は既に投資可能期間(2017年)は過ぎており、2021年末をもって非課税での保有期間も終了するため、みなし廃止が実施されても、お客さまの残高やお取引に影響はございません。
  • Q:どのようなNISA口座が廃止されるのですか。
  • A:今回廃止となるのは、NISA第一勘定と言われる、2014年〜2017年の非課税勘定設定期間に該当するNISA口座となります。
    既に投資可能期間(2017年)は過ぎており、2021年末をもって非課税での保有期間も終了するため、みなし廃止が実施されます。
  • Q:今後、NISA口座を再度利用したい場合、どうしたらよいですか。
  • A:改めて当社でNISA口座を利用される場合はNISA口座開設のお手続きが必要になります。
    • お手続きの詳細は、下記「NISA口座開設のご案内(一般NISA・つみたてNISA共通)」をご参照ください。

NISA口座開設のご案内(一般NISA・つみたてNISA共通)詳細を見る

当社に口座をお持ちでない

証券総合口座開設

NISA口座開設へ

当社に口座をお持ちの方

NISA口座開設

一般NISAから
つみたてNISAへ切り替えをご希望の方

NISA口座
勘定変更
NISA口座
勘定変更

  • ログイン後、NISA口座 - 申込・状況照会 - 画面へ移動します。

資料のみご希望の方

資料請求資料請求

一般NISA・つみたてNISAどちらを選ぶ? NISAを活用した積立投資詳細を見る

定期的に一定の金額を買い付けていく「積立投資」なら、忙しい方でも買うタイミングに悩まず、無理なく投資を続けることができます。 長期間コツコツと買い付ける「積立投資」の活用が資産形成のポイントです。

「NISAを活用した積立投資」を詳しく見る

このページの関連情報