個人向け国債

  • 元本と半年毎の利子の支払いは日本国政府が責任をもって行います。
  • 変動金利タイプ(個人向け国債(10年満期))と固定金利タイプ(個人向け国債(5年満期)・個人向け国債(3年満期))の3種類からお選びいただけます。

個人向け国債のポイント

国が発行 元本や半年毎の利子の支払いは日本国政府が責任をもって行います。
選べる3タイプ 変動金利タイプ(10年満期)と固定金利タイプ(5年満期・3年満期)の3種類があります。

仕組み−変動10年

仕組み−固定5年

仕組み−固定3年

中途換金 発行後1年経過すれば、中途換金が可能です。

中途換金−変動10年

中途換金−固定5年

中途換金−固定3年

1万円から 1万円から1万円単位でお申し込みが可能です。
ペーパーレス 券面が発行されませんので証券の偽造、盗難、紛失の心配がありません。

3つのタイプ

個人向け国債 ご参考
通常の国債
変動10年 固定5年 固定3年
年限
10年 5年 3年 2年・5年・10年
など
購入者
個人のみ 個人・法人
金利タイプ
変動金利 固定金利 固定金利 固定金利
金利設定方法
基準金利×0.66
最低利率0.05%を保証
基準金利
−0.05%
最低利率0.05%を保証
基準金利
−0.03%
最低利率0.05%を保証
発行日の実勢金利水準に基づき決定
基準金利
利子計算期間の開始日の前月までの最後に行われた10年固定利付国債の入札(初回利子については募集期間開始日までの最後に行われた入札)における平均落札利回り 募集期間開始日の2営業日前において、市場実勢利回りを基に計算した期間5年の固定利付国債の想定利回り 募集期間開始日の2営業日前において、市場実勢利回りを基に計算した期間3年の固定利付国債の想定利回り 発行日の実勢金利水準に基づき決定
購入単位
額面1万円単位 額面5万円単位
中途換金
発行から1年経過以降であれば、いつでも中途換金可能 市場価格で売却可能ですが、金利の変動により売買損益が発生
中途換金調整額
直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685 -
中途換金の特例
ご本人が亡くなられた場合、または大規模な自然災害により被害を受けられた場合は、1年未満であっても中途換金可能 -
  • 2011年7月発行分(6月募集)から、金利設定方法が変更されましたが、2011年6月までに発行された既発債は、発行時の金利設定方法(基準金利−0.80%)のまま変更ありません。

個人向け国債のご注意点

手数料等の諸費用

個人向け国債を購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます。

中途換金の制限

個人向け国債は発行から1年は、原則中途換金ができません。

中途換金調整額のお支払い

中途換金される際には、原則として中途換金調整額(直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685)が、売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれることになります。

お申込にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、購入をご検討ください。

お取引窓口

  総合コース ダイレクトコース
支店 ×
オンライン
トレード
パソコン *1 *1
スマートフォン
携帯電話
*1 *1
コンタクト
センター
てれトレ
(自動音声)
× ×
オペレータ *1
  • てれトレ・・・自動音声によるご注文受付サービス
  • *1買い注文のみ。

SMBC日興証券のお取引では、お客様に合わせてさまざまなお取引窓口をご用意しています。

支店

ご来店されるお客様に、質の高いサービスをご提供します。

詳しく見る

オンライントレード

多彩な商品と豊富な投資情報をご用意しています。

詳しく見る

コンタクトセンター

お取引やお問い合わせなどをフリーダイヤルで承ります。

詳しく見る

携帯電話サービス

各商品の手数料等およびリスク等について

このページの関連情報