初めてでもわかりやすい用語集

ROA/総資本利益率 (アールオーエー/そうしほんりえきりつ)

ROA(Return On Assets)とは、総資本利益率(総資産利益率)のことをいいます。企業全体の経営効率を測る指標のひとつで、資本の利用によって、どれだけの利益をあげることができたかを示します。
ROAは、財務分析をするうえでは、以下のように「売上高事業利益率」と「総資本(資産)回転率」に分解することで、その要因分析をすることができます。

ROA(%)=当期(純)利益÷総資本(資産)×100

ROA = 売上高事業利益率 × 総資本(資産)回転率

ワンポイント

ROAは、計算された比率が良いのか悪いのかは単独では判断できません。その比率を全産業やその企業が属する業種の平均と比較したり、過去何年間分かを並べて趨勢を見るなどの分析が必要です。

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ