初めてでもわかりやすい用語集

アノマリー (アノマリー)

アノマリー(Anomaly)とは、現代ポートフォリオ理論の枠組みでは説明することができないのですが、経験的に観測できるマーケットの規則性のことです。アノマリーの代表的なものとして、「小型株効果」、「低PER効果」、「配当利回り効果」、「1月効果」などがあります。例えば小型株効果とは、小型株で構成されたポートフォリオは、市場平均よりも相対的にリターンが高いという事象のことですが、現代ポートフォリオ理論の代表的なモデル(CAPM)では、市場が効率的であれば、証券価格は大型株、小型株にかかわらず、そのリスクによって決まると結論付けています。したがって、小型株だけ相対的にリターンが高いというのは、現代ポートフォリオ理論では説明しきれない事象なのです。

ワンポイント

anomalyは「変異性」と訳されることが多いのですが、文字通り、説明しきれない「変な」「異質な」事象といえます。このアノマリーなどをうまく利用して、市場平均を上回る運用成果を目指す運用手法はアクティブ運用のひとつです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ