初めてでもわかりやすい用語集

チャイニーズウォール (チャイニーズウォール)

もともとは「万里の長城」(中国)のことですが、金融用語では「情報の隔壁」を示します。証券会社などにおいて、内部情報を利用したインサイダー取引などを規制するための自主ルールです。特に引受部門と営業部門との間に必要とされています。一方、銀行と証券会社との間に設けられた情報の隔壁は、「ファイアウォール」と呼ばれています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ