初めてでもわかりやすい用語集

ブロックチェーン (ブロックチェーン)

ブロックチェーンとはコンピューターネットワーク上のデータを管理する技術の1つで、日本語では「分散型取引台帳」と訳されます。次々と形成される取引の履歴(ブロック)が鎖(チェーン)のように連なって行くことから「ブロックチェーン」と呼ばれています。
ブロックチェーンは1つの会社や組織内で管理される「プライベート型」と、管理者がおらず、誰でも参加が可能な「パブリック型」に分かれます。パブリック型では、取引データがネットワーク上に公開されていて、ユーザー同士が分散して取引履歴の管理・監視を行っています。そのため、データ改ざんが極めて難しく、局所的に発生したトラブルにも強いというメリットがあります。また、1からシステムを構築するより安価でネットワークの形成が可能なこともあって、近年は金融や医療、小売など様々な業界、業種で幅広く活用されるようになっています。

ワンポイント

ブロックチェーン=仮想通貨というイメージを抱いている人も多いかもしれません。2016、2017年頃に巻き起こった仮想通貨ブームによってブロックチェーンという用語が社会に普及したのは確かですが、仮想通貨はブロックチェーンという技術を活用したものの1つに過ぎません。ここ数年、仮想通貨取引所から仮想通貨が流出する事件が相次ぎましたが、これらの大半は取引所のセキュリティー体制に問題があることで発生した事件であり、ブロックチェーンそのものの信頼性や安全性が脅かされているわけではないようです。今後は、IoT(モノのインターネット)やフィンテックなどにブロックチェーンの技術が幅広く活用されると見られていて、株式市場でも引き続き人気テーマとして注目されそうです。

関連ワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ