初めてでもわかりやすい用語集

米国雇用統計 (べいこくこようとうけい)

アメリカの雇用情勢を示す統計で、景気状況を探るうえで最も重要な指標のひとつです。原則、毎月第1金曜日にアメリカ労働省から発表されます。政府から最初に発表される前月の指標で、アメリカの景気の実体を表す最新の数値として、外国為替、株式、金利などのマーケットにも影響を与えるため、市場関係者が注視しています。中でも最も注目される数字は、非農業部門雇用者数と失業率です。

ワンポイント

FRB(米連邦準備制度理事会)は金融政策の決定に際し、失業率と物価を目標としています。そのため、米国雇用統計は米国景気の予測に加え、FRBの金融政策の方向性を図る上でも重要であることから、世界の経済統計の中でも最も重要視される経済統計のひとつとなっています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ