初めてでもわかりやすい用語集

インデックス運用 (インデックスうんよう)

インデックス運用とは、目安となる指数(ベンチマーク)に連動した運用スタイルのことです。例えば、日本株で運用する投資信託の場合、日本株の代表的なインデックス(指数)である日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのインデックスをベンチマークとして、それに連動した値動きをするよう運用します。

ワンポイント

インデックス運用は、プラスもマイナスも市場の動きとほぼ一緒になりますから、まわりの人より大きく儲けようという人には向かない運用かもしれませんね。インデックス運用は、投資先の国や地域や市場とともに投資した資産も成長していく運用方法といってもいいでしょう。もちろん市場が下落した場合は、インデックスファンドも連動して下がることになります。なお、プロの力量や手間を多く必要とするアクティブ運用とは異なり、インデックス運用を行うファンドは、運用者への信託報酬などの運用コストが安いという傾向があります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ