初めてでもわかりやすい用語集

株価指数 (かぶかしすう)

株価指数とは、取引所全体や特定の銘柄群の株価の動きを表すものです。株価指数はある時点の株価を基準に増減で表します。これによって時系列で見た場合に、連続性を保ちながら、対象とする取引所などの株価の動きを長期的に評価することができます。日本の代表的な株価指数としては、日経225(日経平均株価)やTOPIX(東証株価指数)などがあります。また、2014年1月6日より、東証400銘柄で構成される新しい株価指数「JPX日経インデックス400」が登場しています。株価指数は株式取引の指標として用いられるだけでなく、投資信託のベンチマークや、先物取引やオプション取引の際の原資産としても用いられています。

ワンポイント

ニュースなどでもよく耳にする代表的な株価指数として、TOPIX(東証株価指数)やダウ工業株30種などがあります。これらは取引所単位の大きなグループの株価の動きを見る指数ですが、銀行株だけや鉄鋼株だけといった業種別の指数もあるので、自分が興味のあるグループの指数をチェックするのもいいでしょう。また、重要な株価指数に採用された銘柄は、その指数への連動を目指すインデックスファンドの投資対象に組み入れられます。逆に、採用銘柄から除外された銘柄は投資対象から外れることになるので、銘柄の入れ替えに注目する投資家も多いようです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ