初めてでもわかりやすい用語集

買いオペ・売りオペ (かいオペ・うりオペ)

買いオペとは日銀が市場から債券や手形を買うことをいい、売りオペとは日銀が市場で債券や手形を売ることをいいます。買いオペ・売りオペは、通貨の市場流通量を調整する、公開市場操作手法のひとつです。
買いオペは市場の通貨量を増加させますので、金融を緩和して金利を引き下げる効果があります。一方、売りオペは市場から通貨を吸い上げますので、金融市場の通貨量が減り、個人や企業に回る通貨量も減ることになり、お金のだぶつきをなくす効果があります。
日銀はこのような手法で通貨量や金利を調整し、景気や物価をコントロールしています。

ワンポイント

日銀が買いオペを行い、通貨供給量を増加させるとどうなるのでしょう。
買いオペでは日銀から市中にお金が出回りますので、銀行の貸出金利は下落します。
金利が下落するとお金が借りやすくなるので、住宅投資や設備投資など経済全体の投資が増え、企業の生産量の増加、収益の改善、雇用環境の改善などが起こり、個人の購買意欲も増すでしょう。こういったサイクルで景気が回復していくということを期待して、日銀は買いオペを行うのです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ