初めてでもわかりやすい用語集

為替介入 (かわせかいにゅう)

為替介入とは、通貨当局が外国為替市場において、外国為替相場に影響を与えることを目的に外国為替の売買を行うことを指します。外国為替平衡操作とも呼ばれることもあります。日本の場合には、円相場の安定を実現するために財務大臣の権限によって行われます。日本が単独で行う場合は「単独介入」、欧米など、各国と合意のうえ、一緒に行う場合を「協調介入」と呼びます。

ワンポイント

為替の動きは株式市場にも大きな影響を与えます。基本的に円安はプラス材料、逆に円高はマイナス材料となります。例えば、円売りの為替介入が行われた場合には、輸出企業の株が買われ、日経平均株価などの株式指標は上昇する傾向にあります。

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ