初めてでもわかりやすい用語集

限月 (げんげつ)

限月とは、先物取引やオプション取引において、先物の期限が満了する月のこと。例えば、3月に期限が満了する取引であれば3月が限月であり、「3月限(ギリ)」という言い方をします。現在、日本の債券・株式先物取引の限月は3、6、9、12月で、オプション取引の限月は毎月となっています。期限が満了となる最終決済価格決定日、または、特別清算日のことを一般にSQ日(SQ=Special Quotation、特別清算指数)と呼び、原則として限月の第2金曜日となっています。なお、限月という言葉は通常、取引所で取引される商品に使われる言葉で、店頭取引等の場合は満期日、行使権限日などと呼ばれます。

ワンポイント

毎年3、6、9、12月のSQ日(第2金曜日)、またはその前日は、先物とオプションの決済がからんだ取引が活発になり、取引量も増加する傾向にあります。先物やオプションの市場動向が現物の市場に与える影響も大きいので、年4回の限月のSQ日は要注意だといえるでしょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ