初めてでもわかりやすい用語集

基本保険金額 (きほんほけんきんがく)

基本保険金額とは、死亡保険金を算出する際に基準となる金額のことです。一般的に基本保険金額は、契約時の年齢と保険料で決まり、保険料を一時払で支払った場合、支払保険料の金額が基本保険金額となります。
変額年金では、運用期間中に万が一死亡した場合でも、一般的にはこの基本保険金額が死亡保険金として最低保証されています。また、払い込んだ保険料の運用結果が好調の場合には、その分死亡保険金が増えます。

ワンポイント

変額年金の中には、死亡保険金以外に将来受け取る年金額も、払い込んだ保険料を下回ることがない商品があります。そのため、「何かあっても、払い込んだ保険料は返ってくるわ」と思われる方が多いようです。ただし、途中で保険を解約した場合に戻ってくる解約返戻金には最低保証がありませんので、注意が必要です。
変額年金に加入するときには、死亡時や年金受取時だけでなく、解約時の返戻金についても確認しておきましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ