初めてでもわかりやすい用語集

キャッシュフロー (キャッシュフロー)

一般には現金(キャッシュ)の出入りという意味で使用されますが、(1)企業会計上と(2)証券投資においては意味が異なります。(1)会計上のキャッシュフローでは、企業がどれくらいキャッシュを獲得し、何に使い、最終的に手元にいくら残っているかを見ることで企業活動全般の動きを捉えようとするものです。日本では、2000年3月期決算より、上場企業等にキャッシュフローを企業の活動領域(営業活動、投資活動、財務活動)別に区分して計算したキャッシュフロー計算書を作成し、公表することを義務付けました。(2)証券投資においては、投資額と得られる利子や配当等の現金の流れ(やりとり)を意味します。

ワンポイント

キャッシュフローを企業の活動領域(営業活動・投資活動・財務活動)別に区分して計算したキャッシュフロー計算書は、貸借対照表、損益計算書に次ぐ「第三の財務諸表」と位置付けられています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ