初めてでもわかりやすい用語集

コール市場 (コールしじょう)

金融機関同士が短期の資金を融通し合う市場で、インターバンク市場を構成する市場のひとつです。コールという呼称は「呼べば応える」という意味で、金融機関にとって短期の資金の貸し借りの場です。一般的に銀行は、預金など短期の資金を受け入れ、企業や個人に長期で貸し出しており、長期の貸し出しが多くなると、預金の払い戻しなどの短期の資金が足りなくなることがあり、資金が手元で余っている他の金融機関から借りることになります。コール市場において最も代表的な取引が「無担保コール翌日物」で、これは無担保で資金を借りて翌日に返済する取引です。この取引に適用される金利が「無担保コール翌日物金利(オーバーナイト・レート)」です。この金利は現在の日本銀行の政策金利としても機能しています。

ワンポイント

コール市場では、資金の出し手(貸し手)が供給する資金をコールローン、資金の取り手(借り手)が調達する資金のことをコールマネーと呼びます。金融機関は毎日のように資金が余ればコールで運用し、資金が不足すればコールで資金調達しています。コール市場の最大の資金の出し手は信託銀行(投資信託等を含む)、取り手は都市銀行等です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ