初めてでもわかりやすい用語集

マーケット・ニュートラル運用 (マーケット・ニュートラルうんよう)

マーケット・ニュートラル運用とは、ヘッジファンドなどで使われる運用手法のひとつで、買い建て(ロング)する金額と同額の売り建て(ショート)を行う手法です。基本的に、割安な銘柄を買い建て、割高な銘柄を売り建てるスタンスで運用し、相場が上がっても下がっても全体の動きによる影響を受けることなく、利益を出そうとするところからマーケット・ニュートラルという呼び方が使われます。ただし、買い建てと売り建ての両方で収益が得られる可能性がある反面、見通しが外れた場合は、両方で損失が発生する可能性もあります。

ワンポイント

買い建てと売り建ての金額が異なる投資手法は、「ロング・ショート運用」などと呼ばれます。先行きの見通しが強気の場合は買い(ロング)の割合を高め、弱気の場合は売り(ショート)の割合を高めるような手法です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ