初めてでもわかりやすい用語集

ロング (ロング)

ロングとは、“買い”のことです。ただし、単に株などを買ったことをロングとはいいません。信用取引や外国為替証拠金取引など、担保をもとに取引をする場合に使われます。
例えば外国為替証拠金取引でドルを買う取引を行い、ドルを持って市場に参加している状態のことをロングポジションといいます。この場合、ドルが値上がり(ドル高)してドルを売れば利益を得られます。
ロングとは逆に“売り”のことをショートといいます。

ワンポイント

多くは信用取引や先物取引などで使われる言葉なので、あまり聞き慣れない言葉だと思います。しかし、投資信託でも先物取引を活用した運用をしている場合に、その説明などで使われることがあるので、覚えておくと投資信託への理解も一段と深まります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ