初めてでもわかりやすい用語集

信用取引 (しんようとりひき)

信用取引とは、一定の保証金(委託保証金)を証券会社に担保として預け、保証金の数倍の金額の株式取引ができる制度のことです。
少ない元手で大きな利益をあげる可能性があるとともに、通常の株式取引では行えない「売り」からの取引が行えるので、下落局面でも利益を得る可能性があり、投資機会が増えるということが大きな特徴です。
保証金は現金だけでなく、株や債券などの有価証券も担保として利用することができます。
信用取引には一般信用取引と制度信用取引の2つがあります。信用取引を行う際は保証金に見合った新規建て可能額の範囲内で取引しますが、2013年1月から決済後の保証金の計算方法が変更され、より資金効率が高まりました。

ワンポイント

制度信用取引の決済期限は6カ月と決められていますが、一般信用取引の決済期限は証券会社と顧客間で自由に決めることができます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

信用取引のメリット

信用取引と現物取引の違い

信用取引の主なリスクと留意点

信用取引 気になるポイント

ダイレクトコースなら株式委託手数料が0円!「日興イージートレード信用取引」

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ