初めてでもわかりやすい用語集

ミクロ経済 (ミクロけいざい)

家計(個人)や企業を最小単位としてその行動や意思決定がどのようになされるかを扱う経済学の領域のことです。狭い視点(ミクロ的な視点)から経済分析をすることから、ミクロ経済(学)と呼ばれています。経済学では国単位など広い視点で行う経済(マクロ経済)分析とともに長い間研究対象とされてきました。個々の経済主体(家計や企業など)の行動に焦点を当て、市場でどのように価格が決定されるか、資源がどのように企業や家計に配分されていくかなどの研究を行うことはミクロ経済の領域といえます。

ワンポイント

「商品の価格をどこまで下げれば売れるようになるか」という、価格メカニズムを研究するのもミクロ経済の領域の1つです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ