初めてでもわかりやすい用語集

サブプライムローン (サブプライムローン)

サブプライムローンとは、アメリカの信用度の低い借り手向け住宅ローンのことです。
ローン会社は住宅や車などを担保にして、当初数年間は低めの固定金利を適用したり、利息だけの支払いでよい形をとるなどして借りやすくしています。しかし、その後は固定金利が変動金利に移行したり、元本の返済が始まることで月々の返済額が増えるため、所得が上がらない人には不向きな高金利ローンです。
しかし、長い間、アメリカの住宅価格が値上がりし続けたことで、購入した建物の担保価値も上がり、その建物を担保にして低金利のローンに借り換えることができたので、多くの低所得者が住宅を購入することができたのです。

ワンポイント

サブプライムローンは、所得や信用力の低い人だけではなく、信用力を超えた借り入れを行って不動産投資を行う個人投資家もたくさん利用していました。
しかし、2006年にアメリカの住宅価格の伸びが止まり、ローン債務者は建物を担保として借り換えができなくなったため、返済不能者が続出。こうした住宅の不良債権化がローン会社の破たんにつながり、アメリカの株価が暴落、そしてそれが世界の株価にも大きな影響を及ぼしてしまいました。これは「サブプライムショック」と呼ばれています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ