初めてでもわかりやすい用語集

責任準備金 (せきにんじゅんびきん)

責任準備金とは、保険会社が将来の保険金給付や解約返戻金支払いに充てるために積み立てておく必要がある準備金のことです。保険業法では保険種類ごとに責任準備金を積み立てることが義務付けられており、一般に貯蓄性の高い保険ほど、責任準備金の金額は大きくなります。
加入者が支払う保険料や運用収益を財源として積み立てられ、国内外の債券や株式などで運用されます。
保険会社が破たんした場合は、契約者保護機構により保険契約者保護の措置が図られることとなり、(高予定利率契約を除き)責任準備金等の90%を保障限度とすることが、保険業法等で定められています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ