初めてでもわかりやすい用語集

予定利率 (よていりりつ)

予定利率とは、保険会社が運用するときに約束する利率のことで、保険会社が保険契約時に決めています。
保険会社は、契約者から受け取った保険料をどれくらいの運用利回りで運用できるのかを予測して、保険料を設定します。
一般的に、予定利率が高ければ保険料は安くなり、予定利率が低ければ保険料は高くなります。
予定利率は基本的に満期まで変更されませんが、保険会社が破綻する恐れがある場合などには、予定利率が変更されることもあります。

ワンポイント

定額年金を例にとって考えてみましょう。保険契約時にこれから支払う保険料と将来受け取る年金額が決まっているので、今後の管理がしやすくなります。ただし、低金利の時に契約をすると、市場の金利が高くなっても契約したときの低い予定利率のままで運用されて、高い金利で運用を行う機会を逃してしまうこともあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ