初めてでもわかりやすい用語集

ソーシャルレンディング (ソーシャルレンディング)

ソーシャルレンディング(Social Lending)とは、「お金を借りたい事業者」と「投資したい人」を結びつける融資仲介サービスです。ネット上で広く資金を募るクラウドファンディングの一種(融資型、貸付型)で、ソーシャルレンディング業者は一般の投資家から小口の投資資金を集め、その資金を需要のある事業者へ融資して、一定期間内で利息と元本を回収し、それを投資家へ償還するという仕組みです。
通常、企業が銀行に融資を申し込んでも、厳しい融資条件をクリアする必要があり、社歴が短く実績が少ないと希望通り調達できない場合もあります。ソーシャルレンディングの場合は運営業者を通すことにより、金利や融資期間など比較的融通が効く条件で融資を受けられます。一方、投資家側は他の投資と比較して高い金利で資金を貸し付けることができ、双方にとって大きなメリットがあります。
ソーシャルレンディングは2000年代初頭に英国で始まり、欧米に広がりました。日本では2008年に「maneo」が初めてサービスを開始し、現在は「SBIソーシャルレンディング」など20社以上の業者が営業しています。超低金利時代の新しい投資手段として注目され、市場が急拡大しています。

ワンポイント

ほかの投資より高い利回りが期待できる半面、ソーシャルレンディングでは融資先の貸し倒れによって元本割れするリスクがあります。また、残念ながら似たような形で資金集めを行う投資詐欺も横行しています。国内のソーシャルレンディング業者は、「金融庁への第二種金融商品取引業者登録」と「各都道府県への貸金業者登録」を行う必要があるので、始める前に登録業者かどうかを必ず確認しましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ