初めてでもわかりやすい用語集

据置期間 (すえおききかん)

据置期間とは、保険料を支払い終わってから、年金として受け取るまでの期間のことです。例えば、60歳まで保険料を支払い、65歳から年金を受け取った場合、60歳から65歳までの5年間が据置期間となります。
据置期間中も年金の原資となる資産は運用されており、据置期間が長ければ長いほど、将来受け取る年金額が増えます。
据置期間は、一般的には5年程度ですが、年金を受け取る前に変更することもできます。(※定額年金の場合)
保険料を一時払で契約当初に支払っている場合、据置期間ではなく、運用期間とも呼ばれます。(※当社では一時払の商品のみ取扱っています。)

ワンポイント

据置期間と聞くと、そのまま置きっぱなしにしているというイメージがあるかもしれませんが、変額年金の場合、据置期間中も投資信託などの投資商品で運用されています。
そのため、保険料を支払った後は放っておくのではなく、定期的に運用結果を確認することが大切です。運用結果があまりうまくいっていないときは、運用している投資商品を見直すことができる変額年金もありますので、ぜひ確認してみましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ