初めてでもわかりやすい用語集

低位株 (ていいかぶ)

低位株とは、株価水準が低い銘柄のこと。どの程度の水準より下が低位株かという定義はありませんが、近年の株価水準の場合、一般的には、1単元が100株や1,000株の銘柄の場合で、株価が500円程度を下回ると低位株と呼ぶことが多いようです。また、比較的多くの低位株に共通する点としては、発行済み株式数が多いなどの特徴が挙げられます。なお、少ない費用から株式投資ができる、値上がり時の上昇率が高いなどのメリットがありますが、逆に下落率も大きくなる傾向にあるといったデメリットもあります。

ワンポイント

低位株に対して、株価水準が中程度の銘柄を「中位株」、高い水準の銘柄を「値がさ株」と呼びます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ