法人のお客様

譲渡制限付株式(RS)

譲渡制限付株式(RS)とは

一定期間の譲渡制限が付された株式を指し、欧米では、株式報酬スキームの一つとして普及しています。「議決権、配当金、開示」といった点において、株式報酬型ストックオプションや株式交付信託より優位性があると考えます。平成28年度税制改正により、一定の譲渡制限付株式については法人税法上の損金算入が認められたこと等から、日本においても譲渡制限付株式が普及し始めています。

譲渡制限付株式(RS)のスキーム

一定期間の譲渡制限が付された株式を役員等に割り当て、期間経過後に譲渡制限を解除しますので、中長期の株価向上インセンティブが継続する効果が期待されます。

  • 金銭報酬債権支給
    発行会社は、金銭報酬債権を役員等に支給する
  • 払込(現物出資)
    役員等は、金銭報酬債権を現物出資財産として払い込む(※実際の金銭の移動は伴わない)
  • 株式交付(譲渡制限設定)
    発行会社は、株式を役員等に割り当てる
    割り当てた株式には、譲渡制限を付す
  • 譲渡制限解除
    発行会社は、期間経過後、譲渡制限を解除する
  • 譲渡制限が解除されなかった株式
    勤務継続条件等で譲渡制限が解除されなかった株式は、発行会社が無償で取得する

譲渡制限付株式(RS)に関するサポート体制

このページの関連情報