債券投資とは?〜債券のイロハ〜

債券って何のこと?

債券は、資金を必要とする国や地方公共団体、会社などが資金を調達するときに発行されます。
お金の貸し借りにおいての証拠となるのが「借用書」や「借用証書」だとしたら、資金調達のために、お金を借りる側が貸し手である投資家に対して発行するのが「債券」です。

債券はまとまった資金が必要?

債券は、少額から始められるものもあり、個人向け国債は1万円から、海外の債券も数万円から買えるものもあります。余裕資金や相続などまとまった資産も、リスクの比較的低い債券などで運用を始めてみてはいかがでしょう。
債券は期間や利回り水準等、多種多様な品揃えがあり、お客様のニーズやライフプランに合った運用が可能となっています。

どんな種類があるの?

債券にはさまざまな種類があります。国や地方公共団体が発行するものは公共債、事業会社が発行するものは民間債(社債)と区別されます。また、償還までの期間や利率もいろいろです。 投資する際には、運用プランに合わせて債券を選びましょう。また、いろいろな種類の債券を組み合わせ、ニーズに合わせた資産形成を行うことも可能です。

公共債 国債 財務省が発行、年間発行計画に沿って多様な国債が発行されています。
政府関係機関債 公庫や独立行政法人等が発行する債券で、政府保証債・財投機関債などがあります。
地方債 都道府県や市町村などの地方公共団体(自治体)が発行する債券です。
民間債 社債 民間の事業会社が発行する債券です。

個人向け国債ってよく聞くけど?

個人向け国債は、その名のとおり個人のお客様を対象にした国債で、個人の方がより購入しやすいよう工夫がされています。固定金利タイプ(固定3年・固定5年)と変動金利タイプ(変動10年)の3種類があり、それぞれ毎月発行されています。

個人向け国債のポイントとは?

あんしん

元本や半年毎の利子の支払いは日本国政府が責任をもって行います。

1万円から

1万円から1万円単位でお申し込みが可能です。

選べる3タイプ

変動金利タイプ(10年満期)と固定金利タイプ(5年満期・3年満期)の3種類があります。

個人向け国債の詳細はこちら

個人向け国債(財務省のホームページ)の詳細はこちら

ご留意事項

このページの関連情報