なんで外貨建て債券?

外貨建て債券とは?

一般的に発行体・通貨・発行場所のいずれかが海外の債券を外債といいます。 この外債のうち、通貨が日本円以外の通貨で発行されている「外貨建て債券」についてご説明いたします。

「外貨ではなく円で受け取りたい」
利金・償還金の受取通貨は、ご購入時に指定いただくことができます
オンライントレードからもお手続きいただくことができます。

「やっぱり外貨のままでの受け取りに変えたい」
ご購入後、利金・償還金の受取通貨の変更を希望される際は、オンライントレードからお手続きいただくことができます
また電話連絡等での変更も受け付けています。

  • 円貨決済型外債を除く

なんで外債建て債券を買う必要があるの?

日本では相変わらずの低金利が続いていますが、海外には日本に比べて相対的に金利の高い国々があります。海外の高い金利を享受できるのが外貨建て債券の魅力のひとつです。海外に目を向け、投資のチャンスを広げてみましょう。

各国10年国債利回り

SMBC日興証券アプリなら、最新の金利、為替の動きが簡単に見れるので、便利です!

外国為替って何?

日本の円、米国のドル、オーストラリアの豪ドルというように、世界の各国はそれぞれ自国内で流通する通貨を持っています。それらの異なる通貨を交換することを、一般に外国為替と呼んでいます。外貨建て債券は、常に為替の動きによって資産価値が変動するので注意が必要です。

円高・円安って?

現在の為替が1米ドル=100円として、これが①1米ドル=90円になることを「円高・ドル安」、逆に②1米ドル=110円になることを「円安・ドル高」といいます。 数字が100円から90円と減っているのに何で「円高」なの?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、つまりはこうです。

為替の動きが重要

外貨建て債券を購入したにもかかわらず、償還時に円高だったので結局損をしてしまったということが外貨建て債券の投資には起こりえます。外貨建て債券を購入する際には、購入時だけでなく購入後も、為替をまめにチェックしましょう。

1米ドル=100円のときに外貨建て債券を購入した場合、償還の際に1米ドルが100円より円安であれば(購入時よりドルの価値が高くなっていれば)その外貨を円に替えて為替差益を得ることができます。しかし反対に円高になってしまうと為替差損になってしまうので注意が必要です。

※画像はイメージです。

「購入時と比べて、為替が円高になってしまって、今、円に換えると損がでてしまうから、しばらく円に換えないで様子をみたい。」という時には、オンライントレードでのお手続きにより、外貨のまま利金・償還金を受け取ることへの変更もできます
また電話連絡等での変更も受け付けています。

  • 円貨決済型外債を除く

金利の違いで将来の受取金額がこんなに違う?

一見「さほど変わらない」金利水準が結果的に受取利息の合計として大きな力を発揮します。1万米ドルを利率年0.5%、年1%、年3%で10年間経過すると受取総額にはどれだけの違いが出てくるでしょうか?金利の違いが将来大きな違いとなってあらわれてきます。

複数の通貨に分散?

既に外貨建て債券をお持ちの方は、今お持ちの通貨と異なる通貨を保有することもお勧めです。 「すべての卵をひとつの籠に入れるな」という格言があり、「分散」は古くから投資の知恵として重んじられてきました。ひとつの籠にすべての卵を入れると、籠を落としたときに全部割れてしまいますが、いくつかの籠に分けて入れておけば、籠をひとつ落としたとしても他の卵は無事です。各国の通貨は固有の動きをすることが多く、米ドルをはじめ、ユーロ、豪ドルなど複数の通貨へ分散することによって、リスクを分散することができます。

ご留意事項

このページの関連情報