NISAを活用した積立投資

定期的に一定の金額を買い付けていく「積立投資」なら、忙しい方でも買うタイミングに悩まず、無理なく投資を続けることができます。
長期間コツコツと買い付ける「積立投資」の活用が資産形成のポイントです。

ぽむぽむプリン

「積立投資」のメリット!

  • 自動積立なので手間いらず
    一度設定すれば、自動で毎月一定金額を買い付けるため、買付タイミングに悩むことはなく、長期の積立も楽に続けられます。
  • 時間分散により安定した運用が期待できます
    価格変動する商品に一定金額の投資を続けることで、買付数量は価格が高い時には少なく、価格が低い時には多くなりますので、平均買付価格を低く抑える効果が期待されます。

「積立投資」のイメージ

〜投資信託を「一定口数」購入した場合と「一定金額」購入した場合のイメージ〜

投資信託を「一定口数」購入した場合と「一定金額」購入した場合のイメージ

投資信託を「一定口数」購入した場合と「一定金額」購入した場合のイメージ

  • 毎月10,000ずつ買い付けた場合(一定口数)

毎月10,000口ずつ買い付けた場合(一定口数)

  • 横スクロールで表全体をご覧いただけます。
  • 毎月10,000ずつ買い付けた場合(一定金額)

毎月10,000円ずつ買い付けた場合(一定金額)

  • 横スクロールで表全体をご覧いただけます。

ドル・コスト平均法を利用することで、同じ投資金額50,000円でも合計口数が258口多く買い付けができ、 1万口当りの平均買付価格が約50円安くなりました。

  • 図表はドル・コスト平均法の概念を説明するためのイメージです。手数料・税など諸費用は考慮していません。
  • ドル・コスト平均法は将来の収益を約束したり、相場下落時における損失を防止するものではありません。
  • ドル・コスト平均法は必ずしも一括投資より効果を発揮するわけではありません。

一般NISA・つみたてNISAどちらを選ぶ?

  • 一般NISAとつみたてNISAは、どちらか一方を選択してご利用いただけます。
  • つみたてNISAを選んだ後も、年ごとに再度一般NISAに変更することもできます。

特長の比較をしてみよう!

〜一般NISAとつみたてNISAの投信積立〜

〜一般NISAとつみたてNISAの投信積立〜

  • 横スクロールで表全体をご覧いただけます。

積立を始めるなら、
どちらを選ぶ?

一般NISAで
投信つみたてプラン
のポイント

  • 多彩なラインナップから自分で選びたい
    投信つみたてプランでNISA口座で積立できる投資信託は、650本以上!
    投資対象のカテゴリも豊富!
  • 少しまとまった金額で投資しておきたい
    一般NISA非課税枠は年間120万円まで120万円を超えた場合は、課税口座で積立継続が可能
  • 余裕枠で上場株式等も買いたい
    一般NISAの非課税枠では、投資信託の積立以外に一括での投資や上場株式等も購入可能!
  • 投信つみたてプランは、課税口座(特定・一般)での積立も可能です。
    課税口座では、損益通算・損失繰越等が可能です。

下向き矢印

NISAで

投信つみたてプランへ

「つみたてNISA」の
ポイント

  • 長期にコツコツ積立てて資産形成したい
    積立(買付)できる期間は2037年まで、あせらず積立て、積立後は、最大20年間非課税でじっくり保有できる!
  • 少額でいいので、今から積立を始めたい
    年間非課税枠は40万円まで、少しずつ計画的に投資して資産形成できる!
  • 運用商品選びに迷ってしまう
    一定の要件を満たす株式投資信託・ETF等に限定されたラインナップから選べる!
  • 信託期間が無期限または20年以上、分配頻度が毎月でない、販売手数料がゼロ、信託報酬が低率等の法令要件を満たした商品

下向き矢印

つみたてNISA

SMBCグループでは三井住友銀行 で取扱っております。詳しくは、三井住友銀行の店頭またはホームページでご確認ください。(当社でのお取扱いはございません)

一般NISA、つみたてNISAに関するご留意事項

  • NISA口座は、金融機関を変更した場合を除き、一人一口座(一金融機関)しか開設できません。
    金融機関によって取扱い商品やサービスがそれぞれ異なりますので、お客様のご希望に合わせてご選択ください。
    • 複数の金融機関で重複してお申し込みの場合、口座開設までに相当の時間を要する場合があります。
    • NISA口座で保有する有価証券を非課税扱いのまま(NISAのまま)、他社へ移管することはできません。
  • 一般NISAとつみたてNISAは、同一年に両方の適用を受けることができず、暦年単位での選択制となります。
  • NISA口座の損失は、NISA口座以外(一般口座や特定口座)で保有する有価証券の売買益や配当金等との損益通算はできず、その損失の繰越控除もできません。
  • NISA口座で保有している有価証券を、一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。
    また、非課税投資枠(一般NISAは年間120万円まで、つみたてNISAは年間40万円まで)のうち、未使用分を翌年以降に繰り越すこともできません。
  • つみたてNISAではロールオーバー(非課税期間終了時に翌年の非課税枠へ繰越すこと)ができません。
  • NISA口座で保有している上場株式等の配当金を非課税にするためには、配当金の受取り方式を「株式数比例配分方式」にする必要があります。
    • 株主権利確定日(決算期日または中間決算期日)までに「株式数比例配分方式」に変更する必要があります。
  • 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は、NISA口座での保有であるかどうかにかかわらず非課税のため、NISA制度上の非課税メリットを享受できません。なお、当社ではNISA口座で保有する投資信託の分配金を再投資する場合には、課税口座(一般口座や特定口座)で管理されます。

このページの関連情報