「取引残高報告書」の見方

「取引残高報告書」は、お客様のお取引内容とお取引いただいた後の残高を、四半期に1回以上お客様へご案内するものです。

  • お取引がない場合には、1年に1回以上ご案内いたします。
  • 信用取引、上場先物・オプション取引等がある場合には、毎月お送りいたします。
  • 電子交付サービス契約済の方はお預り残高またはお取引があれば毎月ご案内いたします。ご確認はオンライントレード(日興イージートレード)ログイン後画面からとなります。

取引残高報告書のページ構成は以下のようになっています。

目次

作成基準日・目次等が記載されます。

目次について

各項目の見方

A 作成基準日 本報告書の作成基準日です。
  • 評価額、時価についてはこの作成基準日時点です。
  • 残高は作成基準日現在で受渡日が到来したお取引の残高を記載しています。
B 目次 報告書の枚数が3枚以下の時は記載していません。

お預り資産評価額合計欄

「お預り金銭・お預り証券等残高の明細」の証券等を商品別等に分類して記載しています。構成比につきましては、お預り資産評価額を商品別等に比率化したものです。

【お預り資産評価額合計】欄について

各項目の見方

A お預り資産
評価額合計
作成基準日(1ページ目上段記載)現在の評価額にて記載しています。
B 特定口座情報 特定口座情報は、取引残高報告書作成基準日時点の特定口座契約情報を記載しています。
特定口座をお申し込みされていない場合は記載されていません。
実現損益は、特定口座で売却した全ての商品における実現損益を記載しています。
手数料累計は、特定口座で売買した全ての商品における実現損益を記載しています。
計算期間は、1月から取引残高報告書作成基準日までの特定口座での取引です。

お預り金銭・お預り証券等残高の明細欄

作成基準日現在までの受渡分について、商品ごとにお預り残高を記載しています。

【お預り金銭・お預り証券等残高の明細】欄について

各項目の見方

A 口座区分 特定口座の場合は「特定」、NISA口座の場合は「NISA」と表示されます。一般口座の場合は、表示されません。
B 数量・金額 外貨の場合3文字英字で表示されます。
ただし、「USD」は「米ドル」、「AUD」は「豪ドル」、「EUR」は「ユーロ」と表示されます。
C 単位当たり
取得費
特定口座・NISA口座の場合は、作成基準日の単位当たりの取得費が表示されます。
一般口座の場合は、表示されません。
D 単位当たり
時価
作成基準日の終値または気配値が表示されます。
外国債券、外国投資信託評価時に為替レートは、日興基準レートで作成基準日の一番最後に公示されたレートにて計算しております。
  • 評価額について時価が採用できない場合には、備考欄に評価方法を記載しています。
  • 保険・年金商品につきましては、お客様と引受保険会社との契約に基づくものであり、当社でお預りするものではありませんので記載していません。保険会社から送付される資料にてご確認ください。

お取引の明細欄

該当期間におけるお取引経過のご報告です。

【お取引の明細】欄について

各項目の見方

A 口座区分 特定口座の場合は「特定」、NISA口座の場合は「NISA」と表示されます。
(注)口座区分は「取引区分」とあわせて「口座/取引区分」と表示されます。
B 取引区分 入出金については、「ご入金」「ご出金」と表示されます。なお、取引種別により「ご入金○○○」「ご出金○○○」と表示されます。「特定口座の源泉徴収あり」で源泉税の徴収・還付が発生した場合、下記の表示が行われます。
  • -特定口座で源泉徴収が行われた場合
    「取引区分」欄・・・・・「ご出金 源泉税」
    「銘柄名・摘要」欄・・・「特定源泉徴収」
    「金額」欄・・・・・・・「○○○○円」
  • -特定口座で源泉徴収税の還付が行われた場合
    「取引区分」欄・・・・・「ご入金 源泉税」
    「銘柄名・摘要」欄・・・「特定還付金」
    「金額」欄・・・・・・・「○○○○円」

受渡日未到来の明細欄

約定日が作成基準日以前で、受渡日が当該資料作成日以降のものを記載しています。

【受渡日未到来の明細】欄について

銘柄情報の明細欄

お持ちの銘柄毎の決算日、利金・分配金支払日、償還金支払日等を記載しています。

【銘柄情報の明細】欄について

各項目の見方

銘柄情報の明細 株式の場合は決算日、債券・投資信託の場合は次期利金(分配金)支払日を記載しています。

このページの関連情報