初めてでもわかりやすい用語集

CB/新株予約権付社債 (シービー/しんかぶよやくけんつきしゃさい)

新株予約権付社債(転換社債型)とは、一定の条件で発行体の企業の株式に転換できる権利が付いた社債のことです。一般的には転換社債またはCBと呼ばれます。CBとは「Convertible Bond」の略です。
一定の利息を受け取ることができ、償還日まで保有することで額面金額が払い戻されますので、社債としての側面を持つ一方、株式に転換して株価の値上がり益を得るという株式としての側面も持っています。ただし、株式に転換できるメリットが付いているため、普通社債に比べて利回りは低くなっています。

ワンポイント

購入した後は、3つの利用方法があります。
1つ目は、償還日まで保有する方法。受け取れる金額がわかっているため、使う時期や目的が決まっている場合は、予定が立てやすいことがメリットです。
2つ目は、株式に転換する方法。あらかじめ決まっている転換価格以上に株価が値上がりしたときに売買することで、社債以上に利益が得られる可能性もあります。ただし、株価はいつ上がるかわからないため、すぐに使う予定があったり、目減りしては困る資金には、あまり向いていないといえるでしょう。
3つ目が、社債そのものの値段が購入したときよりも値上がったときに売買する方法。利益も得られ、すぐに使うことができます。証券会社で社債の値段を定期的にチェックしましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ