初めてでもわかりやすい用語集

新株予約権 (しんかぶよやくけん)

新株予約権とは、それを発行した株式会社に対して権利を行使することによって、その株式会社の株式の交付を受けることができる権利のことです。新株予約権証券の所有者は、新株予約権を行使して、一定の行使価格を払い込むことで、会社に新株を発行させる、または、会社自身が保有する株式を取得することができます。新株予約権は、従来の転換社債(CB)の転換権部分、新株引受権(ワラント)、ストックオプションなどの総称です。この権利を表した証券が「新株予約権証券」です。これまでの新株引受権の制限を緩和してできた新しい制度で、2001年の商法改正(2002年4月1日施行)で導入されました。

ワンポイント

以前は、個人投資家向けの転換社債(現在は、転換社債型新株予約権付社債と表記されるのが一般的)やワラント(=ワラント債から債券部分を切り離したもの。新株引受権証券。現在は、新株予約権証券)も多数発行されていましたが、近年は激減しています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ