初めてでもわかりやすい用語集

TLAC債 (ティーラックさい)

TLACとは、Total Loss-Absorbing Capacityの略で、総損失吸収力を意味し、日米欧などの金融当局が作る金融安定理事会(FSB)が2015年に制定した資本規制を指します。この規制に対応するために、発行される社債をTLAC債といいます。経営難に陥って破綻すれば金融市場への影響が大きくなる世界の巨大銀行(G-SIBs、Global Systemically Important Banks)に対し、破綻した場合に公的資金を使って救済しなくても済むように、社債権者等にも損失を負担させる内容です。本邦G-SIBsである3メガバンクグループの様に、銀行持株会社が発行するシニア債をTLAC債と認定する国が多い一方、ユーロ圏で銀行持株会社が存在しないG-SIBsの場合には、銀行本体が発行するシニア債のうち、特定のものをTLAC債と認定する法整備を進めている国もあります。

ワンポイント

銀行持株会社は銀行などの株主となり、グループ内の各社を子会社として支配・管理などを担うのに対して、グループ収益を担うのは子会社です。持株会社は主に子会社の収益(配当)を収益源とするため、万が一の際に本業を営む子会社への債権を優先的に保全する構造となっています。破綻時の回収において持株会社への債権が子会社への債権に劣後することから、この構造を「構造劣後」と言います。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての債券投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ