初めてでもわかりやすい用語集

持株会社 (もちかぶがいしゃ)

持株会社とは、株主として別の会社を支配する目的で、別の会社の株式を保有する会社のこと。持株会社には、純粋持株会社と事業持株会社の2つのタイプがあり、中でも純粋持株会社は、他の会社の事業をコントロールすることを事業の目的としている会社です。つまり経営と管理に特化した会社です。一方、事業持株会社は、自らもビジネスを行いながら他の会社の事業をコントロールすることも行っている会社です。持株会社のメリットとしては、複数の会社を子会社とすることによって、特定の事業の利益にとらわれず、全体としての利益を追求する1つの大きな組織として働くことができます。また、グループ企業として企業買収(M&A)がやりやすくなるといったことも挙げられます。

ワンポイント

純粋持株会社は、事業支配力が過度に集中するとして、独占禁止法によって禁止されていましたが、1997年6月の改正によって解禁されました。また、子会社が金融機関に限定されている金融持株会社も1997年12月に解禁されました。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ