初めてでもわかりやすい用語集

アルゴリズム取引 (アルゴリズムとりひき)

コンピュータが自動的に売買の注文を出す取引をアルゴリズム取引といいます。アルゴリズム取引では、テクニカル分析や出来高、時にはマーケットのニュースやキーワードなどに反応するシステムが組み込まれていることもあります。高速で売買を繰り返すアルゴリズム取引は、HFT取引の一種となります。

ワンポイント

基本的にアルゴリズム取引やHFTなどは短期での利ザヤ取りがほとんどです。時には、人間が瞬きする間に何千回もの取引を行うこともありますので、このスピードに人間がついていくのは不可能です。ただし、これらの取引は、株式投資の王道である業績などはほとんど考慮しません。中長期投資が基本の個人投資家であれば、あまりこれらの取引に翻弄されず、自分なりの分析をしっかりと行うことが重要です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ