初めてでもわかりやすい用語集

ホワイトナイト (ホワイトナイト)

ホワイトナイト(白馬の騎士)は買収防衛策のひとつです。敵対的買収を仕掛けられた企業が、新たな友好的な買収者(ホワイトナイト)を見つけて対抗し、買収もしくは合併してもらうことを指します。当然、新たな買収者にとっては予定外のM&Aとなることから、新株を取得できる権利など、ある程度有利な条件が提示される場合がほとんどです。買収を仕掛けられた企業にとっては苦肉の策ですが、敵対的な企業に買収されるより、友好的な企業に買収されてその傘下になることを選択するというわけです。2006年には、ドン・キホーテから敵対的TOBを仕掛けられたオリジン東秀がイオンに要請してホワイトナイトを引き受けてもらった例があります。

ワンポイント

ホワイトナイトは敵対的買収を仕掛けられてから行う防衛策ですが、それ以外の防衛策として、第三者割当増資、新株予約権の発行、また企業価値を低下させることで買収者のメリットを減じるクラウンジュエル(焦土作戦)といった防衛策もあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ