初めてでもわかりやすい用語集

株式分割 (かぶしきぶんかつ)

株式分割とは、既に発行されている株式を、1株を2株、3株などに分割することを指します。整数倍に限らず、1株につき、1.5倍といったような分割が行われることもあります。
既に株式を保有している投資家には、分割された株式が割り当てられます。
株数が増えても会社の価値は変わらないので、基本的には分割された分だけ1株当たりの価格が修正されます。例えば、株価が1,000円の株式が1:2の株式分割(1株を2株に分割)をした場合、分割後の保有株数は2倍になりますが、理論上、1株の株価は500円となります。

ワンポイント

1株200万円(単元数1株)もする株式だとなかなか手が出せない、という人も多いのではないでしょうか?
このような株式が1株を10株に株式分割をすると、発行株式数は10倍に増加すると同時に1株当たりの株価は理論上20万円(10分の1)に下がるため、投資家は少ない資金で購入しやすくなります。
NISA(少額投資非課税制度)では1年間の投資金額の上限が120万円ですが、株価によっては120万円では購入できない株式もあります。そのため、株式分割によって購入金額を引き下げる動きも出ています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ