初めてでもわかりやすい用語集

為替ヘッジ (かわせヘッジ)

為替ヘッジとは、為替の変動による外貨資産の円ベースの価値の変化を回避することです。ヘッジ(hedge)は直訳すると「避ける」という意味です。
一般的に海外の株や債券などの資産に投資する場合、その国の通貨で運用が行われます。そのため、為替の変動により、円に換算する際に資産価値も変動することになります。このような為替の影響を避けることが為替ヘッジの目的です。為替ヘッジを行うために、先物取引や信用取引などの取引が行われますが、相応のコストが必要となります。

ワンポイント

為替ヘッジをしているといっても、完全に為替の影響を回避できると保証されているわけではありません。また、為替ヘッジのためのコストがかさんで資産が目減りする可能性もあります。海外資産で運用する投資信託では、必ず目論見書に為替ヘッジを行うか、行わないかが記載されています。両方の設定がある商品の場合、多くは商品名の後ろに「ヘッジあり」「ヘッジなし」と記載されています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ